ダイエット中に飲んではダメな太る飲み物。甘くても太らない飲み物。

ダイエット中は、甘い飲み物もダメだって思うと、無性に欲しくなってしまいますよね。

”だったら、「スポーツ飲料」とかなら大丈夫じゃないの?

最近は「ノンシュガー」、「糖質オフ」、「カロリーゼロ」とかいろいろあるから”

と、太らなそうな、甘い飲み物へと手が伸びそうになってしまいます。

でもちょっと待ってください。

砂糖不使用とかカロリーが無いからと言っても、甘い飲み物には注意が必要です。

かえって太りやすくなってしまうことがあるからです。

それで今回は、ダイエット中に飲んではダメな飲み物についてご説明します。

ダイエット中にダメな飲み物6種類

Designed by Freepik

ダイエット中でなくても、これからは砂糖や甘味料が入った飲料とは永遠にお別れしてください。

後で詳しく説明しますが、糖分が多い飲み物は太るだけではなく、血糖値を急激に上げてしまうので健康に悪く、危険な飲み物なのです。

ダイエット中に飲んではダメな飲み物

1. 砂糖や人工甘味料入りのドリンク

2. 炭酸入りドリンク

3. カフェ系の甘い飲料・・・カフェオレ、カフェラテ、カプチーノ、カフェモカ、ココアオレなどミルクやホイップクリーム入りカフェ飲料全部

4. 酒類

5. 市販のジュース、スムージーなどのドリンク(果汁100%入りでもダメ)

6. 氷入りドリンク・・・フローズン・ドリンク、フラペチーノ、氷たっぷり入りのアイス・ドリンク

甘い飲み物は何故太るのか?

甘い飲み物やお菓子には白砂糖が使われていて、食べたら太るということは、ダイエットをしていなくても誰でも知っていることです。

では、そもそも何故、砂糖を摂ったら太るのでしょうか?

そのわけは白砂糖がどのようにして作られているかに関係しています。

白砂糖は、原料となる「サトウキビ」という植物を採取して、煮詰めて不純物を取り除いてから、遠心分離器にかけて「粗糖(そとう)」を作ります。

この「粗糖」をさらに温水で溶かしたり、遠心分離機にかけたりして白さや糖質の濃度を上げていくと、精製された白砂糖が出来上がります。

簡単に言えば、サトウキビから糖質だけを取り出して白い結晶にしたものが白砂糖なのです。

本来サトウキビという食物には、食物繊維やタンパク質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素が含まれているのに、それらの栄養素は、精製の過程ですべて取り除かれてしまうから問題なのです。

白砂糖は栄養が無くなっているけれども、カロリーだけは存在しているので、このような「栄養のない食品」を英語ではEmpty Calorie Foodsエンプティ・カロリー食品)と呼んでいます。

そして、エンプティ・カロリー食品は私たちを太らせます。

それでは何故、エンプティ・カロリー食品を摂ったら太るのでしょうか?

人間の体は、栄養価がない食べ物を口にすると、

えっ、どうしたんだ? 栄養がないぞ!” と驚いて

体に栄養を入れないと大変なことになるよ! もっと食べさせて!” と要求します。

そこで私たちは体からのメッセージを誤解して受け取ってしまうのです。

甘くて美味しいものをもっと欲しがっているのだと。

さらに、甘いものを食べると”あー、美味しい!しあわせー”と感じて、

幸せホルモンのセロトニンが分泌されますから、

脳が ”甘いものをもっと食べてもっとしあわせになろうよ” と誘うのです。

このように ”もっと食べてしあわせになりたい” とか、食べても食べても満足できない現象は、まさに中毒症状と言っていいものです。

そもそも白砂糖は糖質のかたまりであり、カロリーだけが高いのでそれだけでも太る要因となるのですが、甘いものは食べても食べても満足できないので、ますます食べてしまいますし、常に甘いものが欲しくなりますから太ってしまうのです。

結論

白砂糖入りの甘い食べ物と飲料は摂ってはいけません。

また「微糖」や「低糖」の飲料にしても、砂糖が使われているのには変わりがありませんので、少ない糖分であるからこそ物足りなくて、ますます飲みたくなってしまいます。

そして、人工甘味料入りの飲料や炭酸水も白砂糖と同じく「エンプティカロリー食品」なのです。

ノンシュガーでもダメ

「ノンシュガー」・「シュガーレス」・「ゼロカロリー」・「糖質オフ」などという表現が使われている商品には、人工甘味料が使われています。

人工甘味料入りの飲み物には白砂糖が使われていませんし、糖質もカロリーもゼロですが、砂糖よりもずっと甘いのです。

そしてこの砂糖よりもはるかに甘い物質が、私たちの脳を混乱させてしまいます。

脳が混乱する理由の一つは、先に説明した通り、人工甘味料も白砂糖と同じく「エンプティカロリー食品」だから栄養がないと脳がパニック状態になってしまうのです。

つまり、人口甘味料入りドリンクも甘味中毒になりやすい飲み物なのです

もう一つの人工甘味料が脳を混乱させる理由は、人工甘味料が空腹感を増すホルモン(インスリンとレプチン)の放出を促進させてしまうということです。

だから、人工甘味料入りのドリンクを飲んでいれば太らないということではありません。

むしろもっと甘味を欲しがるようになってしまうので、人工甘味料入りのドリンクも一切飲まないでください。

カフェ系ドリンクは高糖分で高脂肪

カフェオレ、カフェラテ、カプチーノ、カフェモカ、ココアオレなどミルクやホイップクリーム入りカフェ飲料は、大変糖分が多く、脂肪分も高いので、ダイエットの敵です。

さらにこれらのカフェ系飲み物は、おしゃれなので視覚からも誘惑されてしまうスィーツ的な要素の高い飲み物ですから、中毒性もあります。

ただし、ラテやオレのミルクの代わりに無糖で無添加の豆乳を使うのであればOKです。

また、「ココナッツミルク」や「アーモンドミルク」を代わりにしてもOKですが、生で無塩のココナッツかアーモンドを使ってください。

ただし、市販の「アーモンドミルク」や「ココナッツミルク」は砂糖が加えられているのでダメですから、自分で作るしかないですね。

お酒は糖分もカロリーも高い

ダイエットをしたいのなら、お酒はあきらめてください。

もともと糖分やカロリーが高いのにも関わらず、ビールはプリン体という高尿酸血症や通風を引き起こす物質が含まれているので健康にもよくありません。

また、お酒を飲む時間は夜ですから、太る時間帯に太る成分を摂ってしまうことになります。

さらにお酒の肴(さかな)は、たいてい高カロリー、高脂肪のおつまみですから、太る要因が満載です。

氷入り飲み物は内臓を冷やす

夏季にはどうしても氷入りの冷たい飲み物が欲しくなりますが、フローズン・ドリンク、フラペチーノや氷をたっぷり入れた甘いドリンクも、ダメです。

氷入りの飲み物は、胃腸を冷やしますから、代謝が悪くなるので、太りやすくなってしまいます。

さらに糖分もたくさん入っていますし、ミルクやホイップクリームも加えられたドリンクは脂肪分もたくさんとってしまうことになります。

ダイエット中に飲んでもいい甘い飲み物

実に甘味のない食生活ほどツライものはありませんね。人生の楽しみの一つが奪われている気がしませんか?

もし甘味をとらないでいることが、大変なストレスになってしまうのなら、ダイエットに失敗してしまうかもしれないので、そんなときは我慢せず甘い物を飲みましょう。

ではどんな飲み物ならダイエット中でもOKなのでしょうか?

フレッシュフルーツジュースなら甘くてダイエットにも良い

Designed by Freepik

ダイエット中に甘い飲み物を飲みたいのなら、何と言ってもフレッシュな自家製のフルーツジュースです。

フルーツにセロリやキュウリ、緑黄色野菜を加えたミックス・ジュースでも良いです。

フレッシュな野菜や果物の自家製ジュースを飲むことは、ダイエットに効果的な食物繊維を加熱で壊すことなく、新鮮なまま体に取り入れることができるからです。

しかも、ビタミン、ミネラル、酵素も豊富に含まれています。

ただし、市販のジュースは飲んではいけません。

何故なら、市販のジュースは殺菌のため加熱処理されているので、フルーツに含まれている食物繊維、酵素、ビタミンなどが失われてしまうからです。

だからその都度、フレッシュな果物を皮ごとミキサーにかけて、自家製ジュースを作ってください。

自家製ジュースの作り方は以下の記事を参考にしてくださいね。

ダイエット習慣をつくる効果的なグリーンスムージーの作り方と飲み方

料理の味付けとして果糖を使う場合は、ドライフルーツまたはデーツを水に浸しておいたものを、その浸し水少々と一緒にブレンダーにかけたもので味付けると良いです。

ちなみにドライフルーツは必ず、砂糖も他の添加物も加えていないナチュラルなドライフルーツを使用してください。

まとめ

いかがでしたか。何故かおしゃれで美味しい飲み物は太るものばかりですし、ダイエット中でなくても飲まないほうが良さそうなものばかりでしたね。でも、一番ダイエットに効果的な甘い飲み物は自家製のフレッシュ・ジュースです。この際ですから、新鮮な果物や野菜で作るジュースやスムージーを飲む習慣を作って、自然の甘味を楽しみながらダイエットしていきましょう。

 

トップ画像出典:Designed by Freepik

http://www.freepik.com/free-photo/thirsty-woman-after-exercising_929700.htm

コメントを残す