太る原因を知ってダイエットを終わらせよう!

マスコミでも、ネットでも、口コミでも、ご近所でも、女子会でも毎日どこかで話題になっていることと言えば、”ダイエット”ではないでしょうか。

でもこんなにみんなの関心を集めている割には、”ダイエットしているのになかなか痩せない”、”何度ダイエットしても途中で挫折する”、”痩せてもすぐに戻ってしまう”など、あまりうまく行っている印象がありません。

それはおそらくダイエットに成功している人が意外に少ないので、いつまでも話題になるのではと思います。

だから、いつも何らかのダイエットをしているけれども終わらない、いわゆる”ダイエッター”という言葉も生まれてきたのでしょう。

私もそうでした。でも、いいかげんにもうダイエッターを卒業したいのです!

そこで今回は、”今度こそ人生最後のダイエットにしたい”と願うあなたに読んでいただきたい記事を書きました。

なぜ太るのかを知ってダイエットを終わらせよう

現代人を太らせている原因は主に5つあります。

それを見極めずにやみくもに人生最後のダイエットを始めてしまうと、労力と時間のムダ、時にはお金の無駄にもなるかもしれませんので、ぜひ知っておいてください。

きっとあなたが痩せられない理由が見つかるはずです。

1.加工食品の食べ過ぎ

男女問わず、年齢も問わず、現代人を太らせている最も大きな原因は、加工食品の食べ過ぎです。

”加工品なんかそんなに食べていないし、ましてや食べ過ぎてることなんてないわ。”と思うかもしれませんが、実はそうでもないのです。

現代のライフスタイルにおいては、普通に食事をしていても、知らないうちに加工食品をけっこう食べているのです。

インスタント食品、レトルト食品、冷凍食品、缶詰食品とか、おでんなどの水産練り製品、ハム・ソーセージなどの肉加工品、チーズ・バター・マーガリン・ヨーグルトなどの乳加工品だけが加工食品ではありません。

パン類、菓子類、総菜、弁当、おにぎり、ファストフードなど、食品になんらかの加工を施したものであればそれはすべて加工食品なのです。

別の言い方をすれば、食品添加物が加えられて作られた食品全部です。

では、加工食品を食べすぎると何故太るのでしょうか?

「太りたくなければ、体の『毒』を抜きなさい!」(三笠書房、2017.11.30出版)の著者で機能医学・内科医の賀来怜華医師がその理由をはっきりと示しています。

加工食品の食品添加物の中に私たちを肥満体質にしてしまう有害物質「オビソゲン」が含まれているからです。

オビソゲンは、紙コップや食品トレイ、テフロン加工のフライパンなどさまざまな日用品にも含まれています。

どうでしょうか? 朝食はファストフードで済ませ、ランチはコンビニ弁当を食べ、紙コップ入りのコーヒーを飲み、夕食はテフロン加工のフライパンで料理したりしていませんか?

そういう食生活を続けていると、オビソゲンが細胞の中に溶け込んでいって肥満を引き起こすのです。

オビソゲンは、糖が脂肪として体にため込まれやすくします。痩せるホルモンの働きを弱くします。脂肪細胞の数を増やします。

そして脳の中にも入り込んで、”食べても食べても食べたりない”と思わせてしまいます。

スナック菓子の袋をいったん開けたら、”一袋ぜんぶ食べ終わらないと気が済まなくなった”なんてこと身に覚えがありませんか?

加工食品は依存性もありそうです。

ダイエットを終わらせるためには、加工食品から遠ざかるようにしましょう。

オビソゲンについて詳しくはこちらの記事をご覧ください。

太るホントの原因はこんなところに?アメリカの最新ダイエット情報

2.睡眠不足

アメリカの研究において、睡眠時間が6時間以下の人は肥満になりやすいという結果が発表されました。

夜更かししていると、痩せホルモンの「成長ホルモン」が分泌してくれないので太りやすくなってしまうからです。

さらに、無駄に夜更かししていれば夜食も食べたくなります。睡眠不足だとイライラして昼間の食欲も増えてしまいます。

また睡眠不足は肌にも悪いですし、老化を早めますから、いいところなど一つもありません。

でもちゃんと寝ていれば、痩せるホルモンが勝手に出てくれるのですよ!

だから遅くとも夜11時から0時までに就寝して、7時間以上の睡眠を取りましょう。

とにかく、睡眠不足を改善することなしに痩せようと思わないでください。

寝るだけで痩せる「睡眠ダイエット」成功3つのルール

3.運動不足

現代人は運動不足の割に食べ過ぎているので太ります。

食べて摂取するカロリーの方が、動いて消費するカロリーよりも圧倒的に多いからです。

しかも悪いことに、最近のテクノロジーの進化により、ますます体を動かさなくてもいい状況になってきてしまいました。

もはや現代人はわざわざ運動しなくてはいけないくらい、運動不足になってしまったのです。でも、

運動せずにダイエットを終わらせようと思わないでください。

何故なら、運動不足は基礎代謝を下げてしまうので痩せにくくなってしまうからです。

さらに運動不足はダイエットだけではなく、将来的に深刻な問題をはらんでいます。

このまま私たちの運動量が減っていくと、筋肉や骨がどんどん衰えて行って、老後に寝たきりになる可能性がますます増えてくるからです。

でも、運動不足の解消はそんなに難しいものではありません。

楽しない生活をすればいいだけです。

階段を上り下りし、歩いて駅まで行き、歩いてお店に買い物に行けばいいだけでずいぶんと運動不足を解消でるからです。

そしてこのように日常で体を動かすことに慣れて来たら、ぜひ筋肉を鍛えてください。

筋肉を効率的に鍛えるために最適なのはスクワットです。

スクワットなら朝晩それぞれ20回行うだけで、運動不足を解消できますし、続けていけば一生自分の足で歩けるほどの筋力を維持することができます。

スクワットで痩せる!腹筋より楽に痩せる正しいスクワットのやり方

4.体の冷え(冷え性・低体温)

体が冷えている人は太りやすいです。

体温が低いと基礎代謝も低くなるので、血行が悪くなり、体をむくませるからです。

セルライトができやすくなりますし、脂肪もため込まれやすくなります。

体の冷えを改善せずに痩せることは難しいです。

また、加工食品の食べ過ぎも体を冷やしますので、やはり加工食品を食べることを極力さけてください。

女性のツライ冷え性対策はとにかく温めること!

5.便秘・腸内環境が悪い

腸内環境が悪いことは太る原因です。

慢性的な便秘の人は、排出すべき老廃物を腸内にため込んでいるという状態です。

そのままにしておくと、老廃物から無駄な水分が出て、体をむくませますから、太ります。

毒素も出て血管にしみ込んでいきますから、血液の流れに乗って毒素が体中に回ってしまい、それがさまざまな体調不良を起こします。

また、便秘だけではなく、下痢しやすい、便が水っぽいという人の腸内環境も良くありません。

腸内環境が悪いまま放置していると、大腸がんになるリスクが高くなります。

ホントに真剣に腸内環境の改善をしてください。

食べるものを未精製未加工の植物性食品に変えれば必ずダイエットが終わる

Designed by Freepik

本来人間は、果物や木の実を食べて生きるように作られたことは聖書に書いてあります。

神は言われた。「見よ、全地に生える、種を持つ草と種を持つ実をつける木を、すべてあなたたちに与えよう。それがあなたたちの食べ物となる。」(旧約聖書「創世記」第1章29節、新共同訳)

果物、種子類、穀類、野菜を精製加工せずにそのまま丸ごと食べること、つまり、プラントベースでホールフード(未精製未加工の植物性食品)の食事が最もヘルシーで、ダイエットにも良い食事なのです。

この食事に変えていけば、体重や体脂肪は自然に減っていきますし、ちょうどいいところで落ち着きます。

そのときには、プラントベースでホールフードの食生活があなたにとって”普通”のものになっているはずです。

その時こそ、減量という意味でのダイエットが終わるときです。

この素晴らしいプラントベースでホールフードの食事については、「チャイナスタディー」(T・コリン・キャンベル(コーネル大学栄養化学部名誉教授)&トーマス・M・キャンベル共著、松田麻美子訳、2016年、グスコー出版)をぜひお読みください。

まとめ

いかがでしたか。人生最後のダイエットをしてダイエットをホントに終わらせるためには、まず太る原因をちゃんと知っておくことです。加工食品の食べ過ぎ、睡眠不足、運動不足、体の冷え、そして腸内環境の悪いことで私たちは太ります。中でも加工食品はすぐにでも減らしていき、神様に与えられた本来の食生活、つまり、プラントベースでホールフードの食事に変えていきましょう。そうすれば自然に痩せていきます。そしてこの食生活が普通になったときこそダイエットが終わるときなのです。

コメントを残す