40代女性がダイエットでリバウンドしない方法

我慢して、ツライ思いをして、苦労して痩せたけれども、リバウンドしてしまったという経験はありませんか? それでもまた頑張ってダイエットに再挑戦したけれども、以前よりも太ってしまったこと、ありませんか? 

実はこのようにリバウンドを繰り返していると痩せにくい体になってしまうらしいです。ましてや、年齢的に痩せにくくなる40代以上の女性はなおさら、ダイエットでリバウンドしないことが難しくなります。

そこで今回は、40代以上の女性がダイエットでリバウンドしない方法をご説明します。

リバウンドは心と体にダメージを与える

食事を1食抜く、食べる量を減らす、断食する、好きな食べ物を我慢するなど、空腹と欲望を抑える日々を乗り越えてやっと痩せた! けれども、ダイエットをやめたら、あっという間に体重が元通りになってしまった・・・

こんなふうにダイエットの苦労が全部無駄になって、リバウンドしてしまったとき、あなたはどんな気持ちになりましたか?

「これで好きなものを好きなだけ食べられる」と喜ぶというよりは、「がっかり」、「悔しい」、「もう嫌だ」などネガティブな感情を持った方が多いのではないでしょうか。

このようにリバウンドすることで生まれるネガティブな感情は、敗北感、挫折感、自己嫌悪、自信の喪失、自尊心の低下などメンタル的なダメージとなります。

しかもメンタル的なダメージは結構あとをひくものなのです。

というのは、ダイエットの苦しさばかりが記憶に残ってしまい、トラウマにもなってしまうことがあるので、再びダイエットに挑戦しようとは思えなくなります。

人はわざわざ苦しいことをするのを好みません。

それに、一度失敗するとまた失敗するのではないかと不安になってしまいます。

また、リバウンドは体にもダメージを与えます。

急激に体重を減らしてまたすぐ増えるというような無理なダイエットでは、肌がボロボロになり、目にはクマができ、体力も失い、疲れやすくなるなど体にも影響します。

ダイエットの反動で、以前より食欲が増えてしまうこともあります。

もしかしたら痩せにくい体になってしまったのかもしれません。

このようにダイエットに失敗してリバウンドしてしまうことは、体にも心にもダメージを与えることになってしまうのです。

しかも若いころと違って40歳を超えますと、失敗経験によるダメージが増大する可能性があります。

だから、40代以上の女性がダイエットをするなら、最初からリバウンドしない方法でダイエットをするべきなのです。

リバウンドの原因

リバウンドとは本来「跳ね返り」という意味ですから、ダイエットでリバウンドするとは、落とした体重がもとに戻ってしまうこと、そしてときには、痩せた反動で以前よりも太ってしまうことです。

つまり体重の落とし方の勢いが強ければ強いほどその反動も大きくなるのです。

では、何がリバウンドの原因となるのでしょうか?

空腹を我慢しすぎると太りやすくなる

”早くたくさん体重を落としたい”と、食べる量を急激に減らしたり、食事を抜いたり、断食したりする人がいますが、これで一時的に痩せることはできるものの、すぐにリバウンドします。

人間はお腹が空いたという「飢餓状態」が続くと、脳が生命の危険を察知します。

そして、生命を維持するためのエネルギーをなんとか保とうとして、脳が体内に溜め込んである脂肪をあまり燃やさないように、なるべく使わないようにします。

そうすると食べる量を減らした割には、体重があまり減りませんので、もっと食べる量を減らせば痩せるかと続けて頑張ってしまいます。

その結果、ほんの少しの食べ物が体に入って来た時に、過剰に栄養分を吸収して体内にため込んでしまう状態になります。

それは脳が、いつまた「飢餓状態」になるかもしれないからと、少しでもたくさん栄養を吸収しようとしてしまうからですし、吸収した栄養を使わないようにと、脂肪として溜め込もうとしてしまうからです。

つまり空腹状態を続けることは、少量の食べ物でも脂肪として蓄えられて、太りやすい体になってしまうことなのです。

ですから痩せたときは、体が食べ物を吸収してしまう体になったときなので、元通りの食事に戻してしまうと以前よりも太ってしまうのです。

ストレスがたまってリバウンドする

ダイエットがストレスになると、リバウンドします。

  • 空腹を我慢することがストレス
  • 好きな食べ物を食べないことがストレス
  • 嫌いな食べ物を痩せるためにと食べることがストレス
  • 痩せるための運動がつらくてストレス

食べたいものを好きなだけ食べられないとなると、我慢すればするほど食べたいという思いがつのります。それは大変なストレスになります。

逆に、痩せるためだからと、今まであまり食べてこなかった生野菜や、嫌いだけどもダイエットにはいいと言われる食べ物を食べることもストレスに感じます。

また、運動不足や運動嫌いなのに、ジョギングや筋トレなど急に運動をすることは疲れるし、筋肉痛になるし、結構つらいものです。

だから、痩せた時には一気に反動が来てしまうので食欲が抑えきれなくなって、好きな食べ物を思いっきり食べてしまいます。

つらい運動はもうやらないでもいいとピタリとやめてしまうことで、これまで運動で消費していたカロリーが消費されなくなるわけですから、脂肪として蓄積されてしまいます。

リバウンドしないダイエット方法

ダイエットでリバウンドをしないためには、無理に早くたくさん痩せようとしないことと、健康的な食事と生活を習慣にすることです。

まず、リバウンドしないための減量の目安としては、体重の減少を1か月に5%以内に抑えることです。

たとえば、体重50キロの人は1か月で2.5キロ以上痩せてしまうとリバウンドしやすくなるので注意しましょう。

また、リバウンドしないためには、ダイエットの計画を立てるときに最初から「ダイエットを習慣にすること」を頭に入れておきましょう。

つまり太りやすい食事をやめて、太りにくく、栄養バランスがとれた食事に変えて、痩せても元の食生活に戻らないことです。

「痩せたらダイエットをやめる」という考え方は、「痩せたら元の食事に戻る」ということですから、リバウンドするのは当然です。

リバウンドをしない食事の仕方

空腹を我慢することがリバウンドの原因ですので、低カロリー、低脂肪、低コレステロールだけれども栄養分が豊富な果物と野菜を食事の中心にすえ、食事の全体量の7割以上を果物と野菜にして、満足するまで食べましょう。

野菜と果物をたっぷりと食べていれば、食物繊維、ビタミン、ミネラル、たんぱく質、脂質、炭水化物などもれなく摂ることができますので、栄養不足にはなりません

満足するまで食べるので、空腹がストレスになることがありません

野菜と果物を中心にした食事ができれば、驚くほど簡単に痩せていきます。

[サラダダイエット]でお腹いっぱい食べても痩せられる!

ダイエットの食べ方革命で痩せる!

そしてあとの3割をその他の食べ物にするのですが、食べ順を工夫して太りやすい食べ物が一番後になるようにしましょう。

1. 果物
2. 野菜
3. スープ、汁物
4. おかず(肉、魚、魚介類、卵、豆類、豆腐などおもにタンパク質)
5. ごはん、パン、麺などの炭水化物

ためして痩せた![食べ順ダイエット効果]

リバウンドしない運動

頑張って運動をしていても、痩せたら運動をやめてしまうのでは、必ずリバウンドします。

ですから、痩せた後でも続けることができる運動を選べばリバウンドしません。

たとえばウォーキングなら比較的簡単に運動の習慣をつけることができます。毎日の通勤時間を利用して自転車で駅まで行くところを歩く、一駅手前で降りて歩くというようなことをすれば、だいたい30分以上歩くことができ、1日の運動量を確保することができます。

また、運動嫌いな方や普段から運動不足という方には、運動なしでダイエットを始めることをおすすめします。

運動なしでダイエット!40代女性が運動なしでも痩せられる方法

でも痩せたら、適度な運動を始めるようにしてください。まったく運動しないでいるのは筋肉を衰えさせてしまうので、基礎代謝が下がりますから太りやすくなるからです。

適度な運動を行って筋肉を保持し、鍛えることは健康のため、老化を遅くするためにも必要なことです。

リバウンドしないマインド

ダイエットをすること自体が苦行と感じる、つらいなと思う、ダイエットなんかやりたくないと思うのであれば、今はダイエットをしないことにするのがリバウンドしない考え方です。

または、ちょっとやってみて、できそうなら続けてみるというお試し感覚でダイエットを始めるのもリバウンドしないコツです。

それでもし、0.5キロでも減るようなら続けてみてください。その小さな成功体験を味わうことが続ける励みになります。

ストイックにダイエットして、その無理の反動でリバウンドしてしまうよりは、気楽に始めて小さな成功体験を積み上げていくことの方が、時間はかかってもダイエットの成功につながっていくはずです。

この成功体験がダイエットを楽しくするマインドを作るのでリバウンドを回避することができるのです。

まとめ

40代以上の女性は、最初からリバウンドしない方法で賢くダイエットをするべきです。そのためには、空腹を我慢しなくても痩せられる食事の仕方と無理のない運動をしてそれを習慣にしていくことです。そしていくつになっても健康でスリムで美しくいられるような心と体をつくって行きましょう。

コメントを残す