炭酸水はダイエットに向かないが、美容と健康に効果的!

シュワシュワ感がたまらない炭酸水が今、人気を集めています。

炭酸水専用のウォーター・サーバーや、炭酸水を自宅で作れるマシーンなども売れているようですね。

また、飲むだけではなく、炭酸水風呂の健康効果や、炭酸水の化粧水など美容効果も目を浴びています。

そこで今回は、炭酸水の効果と利用のし方についてご紹介しますね。

炭酸水はダイエットに向かない!

炭酸水とは清涼感たっぷりのシュワシュワの気泡、炭酸ガスが入った水のことです。

現在日本で流通している炭酸水は、水と炭酸ガスに圧力をかけたもので、大量生産されています。

天然の炭酸水は湧き水や温泉から湧き出ていて、中には飲料水として飲めるものもあるそうです。

欧米のレストランでは水を注文すると”ガスあり”か”ガスなし”かを聞かれますが、それは”炭酸水にしますか”それとも”炭酸なしのミネラルウォーターですか”ということで、食事時に無糖の炭酸水を飲むのは一般的です。

日本で炭酸水といえば昔から甘みが加えられたソーダが親しまれていて、無糖の炭酸水はあまり人気がなかったようですが、無糖の炭酸水の生産量がこの10年間で8倍にもなっているそうです。

それほどブームになっている理由のひとつは、炭酸水がダイエットにいいと言われているからだそうです。

確かに糖分が添加されていない炭酸水なら0カロリーですけれども、ホントにダイエットにいいのでしょうか?

炭酸水は飲み方によってダイエット逆効果になる!

純粋な炭酸水は0カロリーですが、飲み方によっては逆効果になる場合があるようで、NHKの「あさイチ」(2018.6.4.OA)ではこのような実験結果が紹介されていました。

この実験は炭酸水を飲むことによって食欲が増進するのか、それとも抑制されるのかを調べるものでした。

まず炭酸水を飲むグループと飲まないグループに分け、飲むグループをさらに2つに分けて、飲むタイミングと量によって60分間で食べられるドーナッツの量がどう違ってくるかを調べました。(以下、グループ分けと、1人当たりが食べたドーナッツの平均)

  1. 炭酸水500mlを食前に飲む・・・1人平均6個
  2. 炭酸水を飲まない・・・1人平均7個
  3. コップ1杯の炭酸水を食前と30分後の2回飲む・・・1人平均8.5個

グループ1の人たちは、食前に炭酸水を一気に500ml、つまりペットボトル1本分飲んだので、胃の中に炭酸ガスが充満したために満腹中枢が刺激されたようです。

また、炭酸水でパンパンに膨らんだ胃のぜん動運動が弱くなったので食欲が衰えてしまったのです。

一方、グループ3の人たちは食前にコップ一杯(約200ml)の炭酸水を飲んだことにより食欲がわいたようです。

それは炭酸ガスが胃壁を刺激してぜん動運動が活発になり、消化吸収が促されたためです。

この実験から、ダイエットのためには、ペットボトル1本の炭酸水を食前に飲み干せば満腹感を得られ、食欲を抑えられるということが分かりました。

でも、実際どうなんでしょうか? 

炭酸水が大好きな人ならともかく、そうでない人や炭酸水を飲み慣れていない人にとって、ダイエットのためにわざわざ食前に500mlもの炭酸水を飲み干すことは簡単ではないと思います。

それに炭酸水をたくさん飲んだのに太ってしまったというケースもあります。

その人の場合は、炭酸水を飲んだ直後はお腹が膨れて食欲を抑えられたものの、意外に腹もちが良くなかったのでしばらくするとお腹がすいてしまい、間食をしてしまったということです。

そもそも炭酸水は、食欲をそそるため食前に軽く楽しむ食前酒(アペリティフ)として飲まれたので、食欲を減らすのではなく、食欲を増進させる目的があるのです。

そうすると食欲を抑えるために炭酸水を飲むという考え方に無理があるように思えます。

私たちの日常の食事においては、実験グループ3のコップ一杯の炭酸水を2回に分けて飲むパターンが炭酸水の飲み方に近いのではないかと思います。

つまり、炭酸水を飲むことで食欲が促進される飲み方をしているのです。

結論としては、炭酸水は食欲を促進するための飲み物であって、ダイエットのためにわざわざ炭酸水を飲んでも効果がないということです。

炭酸水を選ぶときの注意点

ペリエなどのように天然炭酸水ではない炭酸水を選ぶときには、砂糖や甘味料が添加されていないかどうか注意することが必要です。

「無糖」「カロリーゼロ」「シュガーフリー」という表示があっても0カロリーとは限りません。

しかもそういう商品にはたいていなんらかの甘味料が使われています。砂糖や甘味料が原材料に含まれている炭酸水を飲むとかえって太ってしまいますよ。

カロリーゼロは甘い罠?本当に太らないの?

炭酸水を飲むメリット

ナポレオン三世の時代からフランスで飲まれてきたという炭酸水が今も愛飲され続けているのは、その刺激と清涼感ゆえではないでしょうか。

食前酒として飲んで、食欲を増してごちそうを楽しむことができます。飲むと口がさっぱりするので、食事の口直しにもなります。

刺激が入ってスッキリすることから気分転換したいときの飲み物になりますし、最近ではものを飲み込む障害が改善するとも言われています。

血行を良くする効果

お湯に炭酸水をいれた「炭酸泉」に入浴すると血行が良くなるということで、スーパー銭湯の「炭酸泉」が人気を集めています。

「炭酸泉」に入ると皮膚の中に二酸化炭素が入りこみ、その二酸化炭素が毛細血管を広げるので、血行が良くなるのです。

普通のお湯と「炭酸泉」とを比べると、普通のお湯に10分つかるよりも、「炭酸泉」に5分入る方が血行促進効果が大きく、しかも「炭酸泉」の方がお湯の温度が低温なので、のぼせやすい人にはありがたいですね。

エステサロンでは、炭酸配合の泡パックをボディに塗って血行を良くする施術が行われています。私は肩に塗ってもらいましたが、泡がパチパチはじけて気持ちい刺激があり、肩のコリがすっとした感じでしたよ。

天然の炭酸水ローションで肌荒れ解消

「あさイチ」では、炭酸パックで肌荒れを解消した、皮膚科・形成外科医の齊藤真理子さんの体験が紹介されていました。

10年前に肌荒れに悩んでいた齊藤さんはさまざまな治療をほどこしましたが、解消されませんでした。でも炭酸パックを毎日続けたところ、3か月で解消されたのでした。

皮膚の中に入り込んだ炭酸によって血行が良くなったために、肌の新陳代謝が促進され、荒れた肌の細胞が新しい細胞に入れ替わったためです。

また炭酸の泡は油分を吸着する性質があるので、炭酸の泡によって肌を汚していた皮脂が吸着されて取り除かれたためとも考えられています。

「炭酸パック」は、コットンに炭酸水をひたひたになるまでかけ、肌に5~10分のせておくだけの簡単なお手入れです。(途中でコットンに炭酸水を追加すると効果が高まります。効果には個人差があります。)

炭酸水は化粧水代わりにもなるということですね。

まとめ

炭酸水は刺激的な気泡がもたらす爽快感とすがすがしい飲みこごちで食事を楽しませてくれるおしゃれな飲み物ですが、胃を刺激して食欲を増しますのでダイエットには向いていないようです。

でも、お風呂に入れて血行を促進したり、お肌のお手入れに使ったりと美容と健康のためにも役立つ効果をもっていますので、炭酸水パワーを大いに利用してキレイになって行きましょう。

トップ画像出典:Designed by Freepik

コメントを残す