体臭を消すにはデトックスが効果的!ダイエットにもなる!

日ごろから身だしなみや言葉遣いに気をつけている大人な女性でも、自分の体臭や口臭に気がつかないことがあるのでとても残念です。

しかも体臭となると周りの人も指摘しずらいものです。だから、自分のニオイが知らないうちに仕事や人間関係に影響してしまう前に、体臭をチェックして、嫌なニオイを徹底的に取り去ってしまいませんか。

そこで今回は、体臭が発生する原因と、体臭を消す方法として効果的な体内の毒を出すデトックスについてご説明いたします。デトックスはダイエットにもなりますので体臭と体重の悩みを一気に解決できるかもしれませんよ。

体臭の原因は何?

体のニオイは、汗に関係するニオイ、たとえばワキガ、頭皮臭、足臭などと、加齢臭や口臭など汗以外に関係するニオイに大別されますが、ここでは、汗に関係するニオイについてとりあげます。

たとえばホットヨガをすると全身に大汗をかくのですが、顔や、腕、脚などから出る汗はサラサラとしてて流れる感じですし、臭いがしません。でも、脇の下や頭皮、足から出る汗はベトベトと肌にくっつく感じで、においます。どうしてなのでしょうか?

汗の成分がにおう

汗には2種類あって、サラサラ汗は「エクリン腺」、ベトベト汗は「アポクリン腺」というそれぞれ別々の汗腺(かんせん)から出て、汗の性質や汗を出す仕組みも違います。

「エクリン腺」は、ほぼ全身にあって、主に体温調節のために汗を出しますが、その成分はほとんどが水分なので、出て来る汗は無臭でサラサラとしています。

ベトベトした汗が出る「アポクリン腺」は、体の限られた部分*にありますが、特に脇の下に多いです。 *「アポクリン腺」がある場所は脇の下、外陰部、肛門周辺、乳輪、外耳道など。

「アポクリン腺」から出て来る汗は白く濁っていて、ニオイのもととなるタンパク質や脂質などを含んでいます。もともとはフェロモンの役割があったために、ニオイがあると言われてます。

すなわち、体臭を放つのは「アポクリン腺」から出る汗に含まれているタンパク質や脂質などのニオイ発生成分が原因なのです。

皮膚の細菌でにおう

では、体臭を消すためには、アポクリン腺から出る汗にだけ注意していればいいのでしょうか?

いえ、エクリン腺から出た汗からも、すっぱい臭いやぞうきんのような臭いがすることがあります。

その嫌なニオイの原因は細菌です。皮膚の表面で汗がアカや皮脂などとまざりあったところに細菌が来て、これをエサにするために分解しようとすると、ニオイの物質が発生するので臭くなるのです。

脇の下のアポクリン腺から出る汗も細菌の分解によってワキガを発生させます。

以上のことから、ニオイの原因は、汗そのものではなく、汗に含まれるニオイ発生成分もしくは、細菌によるニオイの物質だということが分かりました。

体臭を消す方法

実は、汗そのものに臭いがあるわけではなく、エクリン腺から出た汗でも、アポクリン腺から出た汗でも、出たばかりの汗は無臭なのです。

ですから、ニオイを消す方法としては、(1)皮膚の細菌が繁殖しないようにすることと、(2)ニオイを発生させる成分を摂り過ぎないようにすることです。

さて、お風呂好きで清潔志向の強い日本人ですから、汗をかいたらこまめにふき取る、シャワーや入浴で洗い流すことで細菌の繁殖を防いでいますので1番目の細菌によるニオイへの対策についてはここでは割愛します。

では、汗に含まれているタンパク質や脂質などのニオイ発生成分を取り除くまたは減らすにはどうしたらいいのでしょうか。

動物性食品を避ける

体臭を発生してしまうアポクリン腺から出る汗には、ニオイを発生させる成分であるタンパク質や脂質などが多く含まれています。

これは、タンパク質や脂質の多い肉や卵料理、乳製品などの動物性食品や、揚げ物、脂っこい食事を食べ過ぎてしまったからです。

私たちの体は、動物性の食品や油分が多い食事を処理するためには多量のエネルギーと時間を必要としますので、これらを食べ過ぎたり、毎日のように食べていると、処理しきれなかったタンパク質や脂質が体内にため込まれてしまうのです。

体内にため込まれた動物性タンパク質は皮脂の分泌を増やし、腸内で発酵するので体臭のもととなります。

また、揚げ物など油分の多い食べ物は活性酵素を発生させるので加齢臭を強くします。

焼肉、ステーキ、ハンバーガー、牛丼、もつ鍋、唐揚げ、天ぷら、とんかつ、オムレツ、卵焼き、ピザ、チーズなどを食べ過ぎたり、毎日のように食べているということでしたら、体臭が発生しやすいということなので注意してください。

逆にニオイの発生成分となりにくい食べ物は、野菜や果物などです。野菜や果物は低脂肪で低コレステロールですから皮脂を分泌しません。

しかも食物繊維を多く含むので体内の老廃物を便にして排出してくれますから、老廃物によるニオイを発生させません。

また、抗酸化作用のあるファイトケミカルも豊富なので加齢臭を防ぎます。

すなわち、体臭を消すためには、ニオイ物質を発生させてしまう肉や卵料理、乳製品などの動物性食品や、揚げ物、脂っこい食事をなるべく食べないようにすることです。

つまり、ダイエットに良い食事をすれば、体臭の発生も防ぐことができるということですね。

加工食品を食べ過ぎないこと

もしも普段の食事がコンビニ弁当、総菜パック、インスタント食品、レトルト食品、レンジ食品が中心なら、体臭が出やすくなります。

これらの加工食品に含まれる防腐剤、酸化防止剤、香料、乳化剤などの食品添加物は、体内で完全に処理されにくく、しかも体内の脂質と結びつきやすいので体臭を発生させるニオイ物質を作ってしまうからです。

老廃物を溜め込まないこと

私たちは普通にしていても体内で老廃物を作り出しています。老廃物とは日々の食事からでた食べかすや、腸内細菌の死骸、古い細胞、乳酸、尿素などで、普通なら便となって体外に排出されます。

しかし、便秘をして体の中にため込まれてしまうと、腐敗が進んで毒素を発生してしまいます。

そして発生した毒素は、便として排出されないのならば、別の方法で外に出てしまいます。

汗が臭い、口がにおう、吹き出物ができる、くさいおならが出るなどの現象は体内で腐ってしまった老廃物が毒素を放っているということなのです。

すなわち体内に溜まった毒がニオイを発生させているのですから、便秘はすぐにでも解消させるべきです。

デトックスでニオイのもとを外に出す

 

慢性的な便秘に悩む方は、便秘臭や口臭があるかもしれません。

こういうニオイがある方は、体内に溜まった毒は血液にしみ込んで体内をまわって体調に影響しますから、体がだるい、疲れやすくなります。

血行も悪くなるので、冷え性や肩こり、頭痛にも悩まされているようです。

これらのことは体内に毒が溜まっているということなので、デトックス(解毒)ですみやかに毒を体外に出しましょう。

デトックスすれば、溜まった老廃物が出て体内がクリーンになりますから、血液やリンパの流れが良くなって、代謝が改善されますので、体重も減ってきます。

[デトックスダイエット]体から毒を出せば痩せる!

まとめ

いかがでしたか。 体のニオイの原因は、汗そのものではなく、汗に含まれるニオイ発生成分もしくは、細菌によるニオイの物質によるものと分かりました。

そして、ニオイを消す方法としては、皮膚の細菌が繁殖しないように汗をこまめに拭き取ったり、洗い流したりする対策が有効です。

でも体臭のもとを断たなければ、根本的な解決になりません。そのために体臭の元となる肉や卵料理、乳製品などの動物性食品や、揚げ物、脂っこい食事を食べないようにしなければいけません。

そしてすでに体内に溜まっている、ニオイを発生させる毒については、デトックスをして体内の毒をすみやかに体外に出してしまいましょう。そうすれば体重も減り、代謝も改善されるのでダイエットにもなるのです。

トップ画像出典:Designed by Freepik
https://www.freepik.com/free-photo/concentrated-young-woman-with-two-fingers-on-the-forehead_929690.htm

コメントを残す