ダンスダイエットなら運動嫌いでも楽しく脂肪燃焼!

痩せるためにする運動はいろいろとありますが、普段から運動不足とか、運動が嫌いな人にとっては、どんな運動にしても、”イヤだなあ”、”できればやりたくないなあ”と思うものですよね。疲れるし、筋肉痛になるし、何しろつまらないですからね。

でも運動が楽しいものであれば、多少つらくてもできるのじゃないでしょうか?面白ければ続けれらるので結果が出るのではないでしょうか?

そこで今回は、ダイエットしたいけど、運動嫌いだとか運動不足な人のために「ダンスダイエット」をご紹介します。この運動ならダンスビートに合わせて踊っているうちに脂肪をメラメラと燃やせますよ。

ダンスダイエットのススメ

ダイエットのための運動と言えば、ジョギング、ランニング、ウォーキング、エアロバイク、水泳、筋トレ、ストレッチなどですが、”運動が嫌い”、”運動が苦手”、もしくは”運動不足”というように、どちらかと言えば、”運動せずにダイエットしたい!”と思っている人たちにはどんな運動が効果的なのでしょうか?

そういう人たちにおススメしたいのは、ダンスです! ダイエット運動をダンスですれば続けられるからです!

では何故ダンスならダイエットを続けられるのでしょうか? その答えは、”何故、ダイエットのための運動を続けられないのか”の問いに答えることでご説明できます。

ダイエット運動を続けられない理由

食事制限にしても運動にしても、ダイエットがうまく行かない理由の主なものは、続けられないことです。続けられないのはなぜかと言うと、途中で飽きてしまったり、嫌になってしまうからです。

たとえば、普段からあまり運動をしていない人が、ジムでエアロバイクをこく運動をした場合、ある程度の結果が出るまでには相当の日数がかかります。痩せるまでに、ひたすらこぐという地道で単調な運動を続けていかなければならないのです。

エアロバイクならテレビやビデオを見ながらやることで多少、気がまぎれますが、運動そのものが単調なので、遅かれ早かれ飽きてしまいます。

そこで早く結果を出そうと負荷を強くして頑張ってしまうと、今度はツラくなってくるので続けられません。

運動好きな人ならともかく、運動嫌いな人がこのように地道で単調な運動を、黙々と一人でやって行くことは簡単ではありません。相当な意志の強さと忍耐強さをもつ人でない限り、途中で嫌になってしまうのです。

要するに、つまらないのです! 大変な割には結果がなかなか出ないのです。だから続けられないのです。

ということは、続けるためには面白い運動、ちょっと大変だけど結果が出やすい運動なら続けられるのではないでしょうか? そこで注目したのが、ダンスによるダイエット運動なのです。

続けられるダイエット運動とは?

最近スポーツジムで人気を集めている運動は、ダンス系のエクササイズです。

ヒップホップダンス、ジャズダンス、フラダンス、そしてズンバ、サルサなど多様な音楽に合わせたダンス・エクササイズや、エアロビックダンス、バレトンなどのフィットネス系のダンス・エクササイズがあり、バラエティーに富んでいます。

これらのダンス・エクササイズに人気が集まる理由は何でしょうか?

最初は、”ダイエットのため”、”運動不足の解消”、”健康のため”などの理由から始める場合が多いようです。

そしてダンス系のエクササイズをやっているうちに、”楽しい”、”上手くなりたい”、”頑張ろう”という気持ちへと変化して行きます。また、”仲間ができる”とか”ライバル心が燃える”からモチベーションが保たれているようです。

つまり、ダンスは楽しいから続けられるのです!

ダンスなら続けられる理由

何故ダンス・エクササイズが楽しいと思えるのでしょうか?

  • 音楽がいい、魅力的
  • ノリのいいリズムやビートで自然に体が動いてしまう
  • 振付が面白い
  • 単調な動きばかりではないので飽きない
  • 簡単すぎず、難しすぎない動きのため、脳トレにもなる
  • たくさん汗をかくので”燃焼している感”がある
  • レッスン着やヘアーメイクなどファッションも楽しめる
  • インストラクターさんの魅力

などなど、単調ではない適度に難しい振付で踊っていくことで飽きません。もっと踊りが上手くなりたいと頑張る人も出てきます。

適度に激しい動きのため、よく汗をかくことができますので、脂肪燃焼している実感がもてますから、自然に運動を頑張ることになります。

このようにしてダンスを楽しみながら自然にダイエットも頑張ってしまうので、ダイエットを続けられるのです。

ダンスでどれだけ痩せられる?

ダンスは有酸素運動でダイエットに効果的ですが、実際、ダンスによって消費するカロリーはどのくらいでしょうか?

ネットで話題になっている「痩せすぎ注意ダンス」動画のYU-SUKEさんによりますと、この動画のエクササイズを1回で80~130キロカロリーも消費できるそうです。そして1日240キロカロリーを目指して毎日エクササイズをすると1か月で1キロの体重減が見込まれるとのことです。

ダンスダイエットするならコレ!おススメ3選

ダンスは続けなければ意味がありません。続けるためには、好き!楽しい!夢中になれる!頑張れる!苦にならない!というようなダンスを選びましょう。そうすれば、ちょっとくらい辛くても続けていけるからです。

それでは、楽しくできて脂肪燃焼効果もあるダンスをいくつかご紹介します。動画を見て一緒に体を動かしてみてくださいね。

ダンスエアロ

「痩せすぎ注意ダンス」は、ダンスの初心者でもエクササイズ感覚で出来るように考案されたダンスです。

インストラクターさんが前に立っているつもりで、彼の動きをまねしてついて行ってください。難しい動きはありませんが、普段運動をしていない人には息切れしたり、足腰が痛くなったりしますので、マイペースで行ってください。

1日に2セットを毎日続けると1か月で1キロ痩せられるようです。

出典:ダンサーYU-SUKE「痩せすぎ注意ダンス」

ズンバ

出典:Zumba Dance Workout for weight loss

この動画は「痩せるためのズンバ・ダンス・ワークアウト」です。初心者の方には多少難しい動きが混ざっていますが、とりあえず最初は全部コピーしようとせず、動画に合わせてなんとなくでいいので体を動かしてみましょう。

ズンバの楽しさは、ラテン音楽の陽気なリズムとサウンドに乗せて、とにかく体をノリノリに動かすことにあります。

振付どおりにできなくても構いません。むしろ振付どおりに踊ろうとせず、いい加減なくらいが良くて、体をリラックスさせて、心も開放して踊りまくってください。

これがラテン系のノリなのです。日本人はちゃんとやらなければと構えてしまうところがありますが、その考えを捨てて楽しみましょう。

そうしているうちに体の脂肪はどんどん燃えていきます。

ダンスエクササイズ

出典:Worth it-Fifth Harmony-HipNThigh-Fitness-Workout

このダンスエクササイズは、両足に専用のゴムひもをつけて負荷をかけながら踊るものですが、ゴムひもを使わなくても有酸素運動としての効果を発揮できるエクササイズです。リズミカルに飛び跳ねながら楽しんでやってみてください。

ダンスダイエットの注意点

楽しすぎてやり過ぎてしまうことで、体を痛めたり、逆効果になることがありますのでご注意ください。

  • 体を激しく動かすとお腹がすくので、食欲が増します。食べ過ぎに注意しましょう。
  • 運動後の1時間は体が栄養を取り込みやすいので、運動後はどんなにお腹がすいても1時間待ちましょう。
  • 結構激しい運動でも、消費カロリーは240キロカロリー程度です。運動後に菓子パンとか甘いドリンクを飲んでしまったら帳消しですから注意しましょう。
  • 飛び跳ねる運動が多いダンスの場合、慣れないとひざや足を痛めます。特に運動不足だった人は最初から飛び跳ねダンスを頑張ってしまうと筋肉痛だけではなく、ケガをしたりする可能性があるので、最初から無理しないでください。
  • 靴は衝撃を吸収しやすいスニーカーやエクササイズ専用の靴を履きましょう。
  • 自宅などで行う場合は、フローリングの床で滑らないように気をつけましょう。動き回っても十分なスペースを確保しましょう。
  • 激しい運動は冬季でも熱中症になることがあります。また、運動不足の人は足がつりやすくなりますから、こまめに水分を摂りながら運動しましょう。少なくとも一曲終わったら必ず水をとるという癖をつけましょう。
  • ダンス中に摂る水分は、コーラや甘い飲み物はNG。スポーツドリンクも糖分が多いで、水が一番です。
  • サウナスーツを着たり、着圧ソックスで踊ったりしないようにしましょう。熱中症や、血行不良のために体調を悪くする恐れがあります。
  • ダンスエクササイズは、交感神経を活発にしますので、夜寝る前の1時間前までに終えるようにしましょう。そうでないと覚醒してしまうので寝付きにくくなります。

まとめ

いかがでしょうか。ダイエット運動は続けてやらないと効果がありませんが、ダンスなら好きな音楽に合わせてノリノリで踊っているうちに楽しみながら脂肪燃焼できるダイエット運動です。楽しければ続けられるので、痩せたあともダンスをしながら、体重と体型をキープすることができます。

40代がこれからのエイジング世代にむけて病気を予防し、健康を維持していくためにも、何か自分が好きなダンスをみつけて楽しく続けていきませんか。

コメントを残す