女性のツライ冷え性対策はとにかく温めること!

あなたはこんなことに悩んではいませんか? 

指先、足先がいつも冷たい、寝るときでも靴下を履く、夏でも汗をほとんどかかないほど体が冷えている、季節に関係なく風邪をひきやすい、頭痛もち、首や肩がこる、疲れやすいなど。これらはみんな「冷え性」だから起こることなのです。

しかも「冷え性」をそのままにしておくと健康にも悪影響がありますが、体がむくみやすくなるのでダイエットにも良くありません。

そこで今回は、女性の冷え性の原因と対策について調べてみました。冷えを撃退して心も体もあったまりませんか?

何故、冷え性に悩む女性が多いのか?
pexels-photo-54200

冷え性の人は、体温が低い、手足が冷える、冬が辛いということだけではなく、風邪をひきやすい、疲れやすい、慢性的な頭痛や肩こりなどプチ不調を訴える人が多いです。

そして体がむくんでいる人も多く、ダイエットを頑張ってる割にはなかなか痩せません。

特に女性には「冷え性」が多いのですが、何故なのでしょうか?

筋肉量が少ないから冷える

女性は男性よりも冷え性が多いのは、女性の方が筋肉の量が少ないからです。

筋肉は基礎代謝を上げて熱を生み出すのですが、筋肉量が少ない女性は体内での発熱量が少なくなります。

そこで体は熱を逃がさないようにと血管を細くして血の流れを少なくしますから、体の末端の毛細血管まで届く血液が少なくなります。

血液の量が少ないと熱も栄養も体の末端まで届かないので、手足が冷えてしまうのです。

逆に言えば、女性は筋肉量を増やせば、基礎代謝量が増えて、体内で発熱してエネルギーが増えますので、体が温まりますし、末端に血液が行き届きますから、冷え性を改善することができるのです。

ちなみに、冷えが改善されて体温が上がっていくと、基礎代謝量が増えて余分な内臓脂肪を燃やしてくれるので、痩せやすい体に変わっていきます。

女性特有の体調不良により冷える

女性は月経によって腹部の血流が滞りやすいので、血行不良となり、それによって腹部や体が冷えてしまいます。

また、生理前になるとホルモンバランスが乱れやすくなりますから、新陳代謝の働きも鈍くなるので、冷えを招く場合があります。

更年期女性の場合はホルモンバランスが乱れますから、体がほてる、のぼせる、大量の汗をかくなどの症状が起こりますが、反対に体が冷えるという症状を訴える女性もいます。

冷房の影響で冷える

夏季は冷房が効いた室内で過ごす時間が多い女性は、体を冷やしてしまいます。

さらに、冷房が効き過ぎた室内から猛暑の外を行き来するようなことをしていると、この激しい温度差により、体温を調節する自律神経が乱れてしまいます。この自律神経の乱れが冷えを招いてしまうのです。

生活習慣で冷える

日ごろの食生活の乱れや運動不足などの生活習慣が血行を悪くして、慢性的に体を冷やしてしまいます。

  • 食生活の乱れ・・・偏食、不規則な食事時間、加工精製食品・インスタント食品などの食べ過ぎ、体を冷やす食べ物や飲み物の摂り過ぎなど。
  • 甘いものの食べ過ぎ、甘い飲料の飲みすぎ
  • 服装・・・薄着、体を締め付ける下着や服装など。
  • 運動不足・・・歩かない、階段を使わない、一日中デスクワークなど不活発。
  • 喫煙
  • 深酒(酩酊するほど)
  • 睡眠不足
  • お風呂はシャワーのみ
  • 食べないことによる過度なダイエット
  • 冷房のあたりすぎ、冷やし過ぎ
  • 体を動かす遊びやレジャーを避ける

 体の冷えを放置していると大変なことに

woman-918458_640

体が冷えるというのは、要するに血行が悪くなって体温が下がってしまうという状態ですが、体の冷えがどのような悪影響を及ぼしているのかご存知でしょうか?

それは想像以上に恐ろしいものです。この恐ろしさを知ったら、もう冷え性を甘く見ることはできないでしょう。

まず自分の体は冷えているのか、標準なのか知っていますか?

健康な人の基礎体温は36.5度から37度と言われていますが、その体温なら新陳代謝が活発で免疫力が高く、ほとんど病気にかからない状態です。

しかし、いわゆる「冷え症」の方でも、基礎体温を保っている場合がありますから、体温だけを目安にせず自分の体の不調をチェックしてみてください。

以下のような不調は「冷え」が原因かもしれません。

  • 風邪をひきやすい
  • 体がむくむ
  • 慢性的な肩こり、腰痛、頭痛
  • 便秘
  • 下痢
  • 胃もたれ
  • 太りやすくなる
  • 倦怠感
  • 月経不順
  • アレルギー
  • 肌あれ
  • 自律神経失調症

他にも糖尿病、高脂血症、脂質異常症などの生活習慣病や、子宮内膜症、子宮筋腫など婦人科系の病気や不妊症も冷えや低体温と関係があると言われています。

このように体温が低いことは、基礎代謝が悪くなるのでダイエット効果を妨げるばかりではなく、健康にも障害をきたす重要な影響があるのです。

何よりもまず、女性は冷え対策に取り組む必要があるのです!

冷え対策をしよう

e81e39301e0c48cab58aca1c38151bc8_s

とにかく、温める

とにかく、日常生活で体を冷やさないこと、温めることを常に心がけましょう。

温めるためのグッズ
体の冷えを感じているなら、冬だけではなくいつでも使いましょう。
 ・腹巻
 ・湯たんぽ
 ・使い捨てカイロ
 ・体を温める効果が高い寝具

特にお腹を温める

お腹が冷えると体に悪影響があるばかりではなく、心にも影響します。

お腹が冷えるとイライラしたり、気が落ち込んだりするのは、神経伝達物質のほとんどが脳ではなく、「腸」にあるためだからです。

また、冷えは自律神経失調症とも関連性があると言われています。何故なら、自律神経が血液の流れを調整しているため、冷えて血行が悪くなると自律神経失調症になりやすいからです。

あたたかい服装

特に足首、おなか、首の周りを冷やさないように工夫しましょう。

冬は外気が寒いのでそれなりに冷え対策をしていることと思いますが、冷える方はさらに工夫して温めてください。

下着や靴下は、より暖かいものを選ぶようにしましょう。室内にいても薄着はせず、冷やさないことを常に意識していることが大事です。

夏でも、必要であれば冬用の体の熱を逃がさない下着を着用しましょう。特に冷房の効いた場所での冷え対策のために、カーディガンやストール、ソックスなど着脱しやすい衣類を持ち歩くことを習慣にしてください。

食事であたためる

食べると体が温まるのは何故でしょうか? それは食べたものがブドウ糖となってエネルギーや熱に変化するからです。
ですから食べ物なら何でもいいということではなく、効率よく燃やして熱エネルギーとなってくれるものを食べましょう。
  • 低脂肪・低たんぱくの食べ物を食べて、代謝を上げましょう。
  • 季節外れの食べ物は避け、旬の食材を料理しましょう。
  • 果物を常温で食べましょう。
  • 食物繊維の多い野菜を食べて体から毒素を出して、新陳代謝を活発にしましょう。

一方、このような食事を避けましょう。

  • 食材そのものを生かした料理ではなく、加工精製食品にかたよった食事をしてタンパク質・脂肪・糖分を摂りすぎてしまうと体を冷やします。
  • アイスクリームなどの冷菓や、冷えた飲み物を摂り過ぎないようにしましょう。
  • 糖分には体を冷やす作用があります。甘いものは食べ過ぎないようにしましょう。

ビタミン・ミネラルが不足すると冷え症になります。

  • ブドウ糖をエネルギーや熱に変化させるには、亜鉛・セレン・鉄・マグネシウムといったミネラルやビタミンB1・B2などが必要ですが、ミネラル・ビタミンが不足すると、食べ物からエネルギーや熱を作ることができず、体温が上がらなくなり、冷え症になってしまいます。

冷やさない生活環境と習慣

夏は冷房による冷え対策と、室内と外との行き来することが多い場合の温度差対策にも気を使いましょう。

室内の冷房は26度から28度を目安にして下げ過ぎないようにしましょう。

オフィスなどで自分の理想とする温度にすることが難しい場合は、席を替えてもらう、足元に冷気がたまらないよう気流を循環させる器具を使用するなどのことを職場で工夫してもらえるよう、理解を求めることも必要となるでしょう。または、毛布のひざ掛け、上着、ストール、足元ヒーターなどで自衛してください。

暑い夏でも、入浴しましょう。どうしてもシャワーだけという場合は、大きな血管が集中している肩甲骨にお湯をあてて血行を促してください。

低体温症の方は、半身浴を習慣にして体を温めてください。38度から40度くらいのお湯に最低10分くらいつかって汗が出てくるのを待ちます。理想的には20分間の半身浴を毎日続けるようにすれば、低体温は改善されていきます。

冬季は外に出るときだけではなく、室内にいるときも冷やさないよう工夫しましょう。

寒いからと動かないでいるのは血行が悪くなりますので、家事でも何でも積極的に体を動かすようにしましょう。

運動であたためる

血行を良くすることは体温を上昇させます。

ジョギングやランニング、スポーツジムに行くなどの軽い運動をして血行を良くしましょう。スポーツをする時間がないなら、日常生活のなかで積極的に体を動かすことを意識してください。

まずは、日常での運動不足を解消しましょう。

  • 駅まで自転車を使っている場合は、歩きましょう。
  • エレベーターやエスカレーターを利用せず、階段を使いましょう。
  • デスクワークの方は座りっぱなしにならないよう工夫しましょう。来客のお茶出しを買って出るなどこまめに動きましょう。
  • 通販ばかりに頼らず、買い物に出かけましょう。
  • 掃除機を使わずほうきで掃く、手洗いで洗濯など家電になるべく頼らないで家事をしてみましょう。

体を動かすことを日常の習慣にすることは、ダイエットにも良い影響があります。

ラジオ体操、ウォーキング、ヨガ、ストレッチ、筋トレなど自分に合った無理のない運動を毎日少しずつでも続けましょう。

まとめ

体の冷えは、健康や美容のために良くありませんからとにかく体を温めて、冷え性を改善する対策をとりましょう。また冷え性をそのままにしておいては、ダイエットしてもなかなか痩せませんので、まず冷えを撃退しましょう。体が温まれば、血行が良くなり、代謝も上がりますから、太りにくく痩せやすくなるばかりか、免疫力が強くなり、病気にかかりにくい健康な体になります。日ごろから冷えない体づくりを日常生活に取り入れていきましょう。

コメントを残す