二度と太りたくないなら基礎代謝を上げよう!

食事制限や運動を頑張ってやっとの思いで痩せることができたとしたら、もう二度と太りたくないですよね?

また、これからダイエットを始めようという人も、痩せたらその体型をキープしたいですよね?

その思いは基礎代謝を上げることで実現できます。

そこで今回は、痩せた体をキープして二度と太らないようにするために必要な基礎代謝を上げる方法についてご説明します。

痩せるためには基礎代謝を上げるべし!

Designed by Freepik

代謝というのは、生命活動を続けていくために、食事で吸収した栄養素から必要なエネルギーを作り出して、消費するしくみことです。代謝には「基礎代謝」、「生活活動代謝」、「食事誘導性代謝」の3つがあります。

基礎代謝」とは「睡眠時代謝」とも言われ、何もしないでじっとしていてもエネルギー消費が行われることです。

生活活動代謝」とは、体を動かすことによるエネルギー消費のことです。

食事誘導性代謝」とは、食べることによって胃腸などの内臓が活発に動き、エネルギーが消費されることです。

1日に消費されるエネルギーのうち基礎代謝が約60%、生活活動代謝が約30%、食事誘導性代謝が約10%をしめています。そして成人男性は1600㎉前後、女性は1200㎉前後のエネルギーを基礎代謝に使っています。

なぜ、基礎代謝を上げれば痩せられるのか?

ダイエットというと、たくさん体を動かして痩せようとしますが、運動による「生活活動代謝」では約30%しかエネルギーを消費することができません。

でも基礎代謝の方は、何もしなくても約60%もエネルギーを消費するので、基礎代謝を上げる方が痩せるために効率がいいのです。

いわゆる”代謝がいい人”は、常に基礎代謝が高い状態にあるので食べても太りにくいのです。

実にうらやましいですね。あなたもこのような”代謝がいい人”になりたくありませんか?

最終ゴールは代謝のいい人になること

食べる量を少なくした、好きな食べ物を我慢した、腹筋を毎日やったなど、いろいろと頑張ってせっかく痩せたのに、すぐにリバウンドしてしまったとか、しばらくすると元に戻っていたという経験はありませんか?

そうなるのは当然です。何故なら、ダイエット前の食生活に戻れば体重も元に戻るからです。このような考え方では何度ダイエットに挑戦しようと、いずれは元に戻ってしまうので、ダイエットが一生終わらないのです。

ダイエットを終わらせるためには、痩せた後もその体型をキープすることができる”代謝がいい人”になること、つまり二度と太らない体になることを最終ゴールにしたいのです。

また、基礎代謝を上げることは、健康を維持していくためにも必要です。

なぜなら、人は年齢を重ねるにつれて基礎代謝量が落ちていくので、食べたものの栄養を吸収して利用する力や、内臓などの体の組織を動かす力など、生命活動を維持していくエネルギーも衰えてしまうからです。

基礎代謝を上げるために何をすればいいのか

Designed by Freepik

基礎代謝を上げるためには、筋肉をつけること、鍛えること、キープすることです。

なぜ筋肉をつけることが基礎代謝を上げることになるのでしょうか?

筋肉は、1日に使うエネルギーのうち約40%を基礎代謝として使っていますから、筋肉の量を増やせば使うエネルギーも増えることになるので、基礎代謝が上がるからです。

基礎代謝が上がれば、無駄な脂肪を燃焼させることにエネルギーを使うので痩せることができます。

基礎代謝が上がれば、体温も上がりますから低体温症や冷え性が改善されます。血行も良くなりますので、体のすみずみまで血液が行き届くことで組織が活発に動きますから、体調が良くなり、健康になります。

人は年齢を重ねるにつれ筋肉が衰えていきますので、基礎代謝も落ちていってしまいます。ですから基礎代謝を上げるために筋肉をつけたり鍛えたりすることは、年齢を重ねても元気に活動するため、いつまでも自分の足で歩くため、介護状態や寝たきりにならないため、病気にならないために、必要なことなのです。

ただし、筋肉は一朝一夕につくわけではなく、日数がかかります。ですから筋肉をつけることは、痩せやすく太りにくい体を作るため、そして老後も元気な体でいるための長期計画と考え、今から筋肉をつけるための日々の努力を始めてください。

筋肉をつける食事のし方

筋肉は肉なので、やはりお肉を食べるべきだと思ってしまいますが、肉を食べると余分な脂肪やコレステロールまで摂取してしまいますので肉はふさわしくありません。

でも筋肉をつけるためにはたんぱく質は必要ですので植物性食品からたんぱく質を摂ってください。

植物性食品ならたんぱく質が豊富でありながら低カロリー、低脂肪、低コレステロールですので太ることなく筋肉をつけることができます。しかも体内の余分な脂肪を燃焼させることができますので、ダイエットと代謝アップと両方できるわけです。

筋肉をつけるには、代謝を活性化する酵素も必要です。

酵素と植物性たんぱく質と両方摂れる食べ物といえば、やはり植物性食品です。

大豆や大豆製品には豊富な植物性たんぱく質が含まれていますし、果物と野菜を生で食べると生きた酵素を摂ることができますから植物性食品をたくさん食べるようにしましょう。

お肉そっくりの大豆ミートで高たんぱくダイエット

酵素ダイエットの効果と痩せる方法

また、痩せたいがあまりに食事の量を減らしたり、過度の断食をしてはいけません。空腹がすぎて飢餓状態になってしまうと体は生きるために脂肪ばかりでなく、筋肉を燃やして基礎代謝を上げようとするので、かえって筋肉を減らしてしまうことになるからです。

筋肉をつける運動

Designed by Freepik

筋肉をつけるためには、筋トレが必要ですが、どうでしょう、筋トレはきつくありませんか? 毎日続けられますか?

筋トレは毎日やらないと筋肉がつかないのです。そこでご提案したいのは比較的負荷の軽いストレッチとスクワットです。この2つなら年齢を重ねても続けていけます。

ストレッチ(柔軟体操)で筋肉を柔軟にし、スクワットで筋肉をつけることを毎日の習慣(ルーチン)にしてしまいましょう。

無理なくできるストレッチとスクワットのやり方についてはこちらをご覧ください。

下半身痩せには股関節ストレッチが効果的!体が硬くてもできる方法

スクワットで痩せる!腹筋より楽に痩せる正しいスクワットのやり方

そして脂肪燃焼の効果をあげるために呼吸も重要ですので、呼吸法についてもご紹介いたします。

[腹式呼吸ダイエット]お腹で呼吸すれば代謝が上がる!脂肪を燃やす!楽して痩せる!

将来の健康維持のためにも基礎代謝を上げる

基礎代謝が落ちてくる40代からは、二度と太らない体になることを目指し基礎代謝を上げることはダイエット以上の意味をもつことだと思います。

何故なら人生100歳時代を迎えるにおいて、年齢を重ねても活発に社会参加できる健康な体をつくるためだからです。

40代から筋肉を鍛え始めることは、腰やひざが曲がった体型にならないため、腰痛、ひざ痛、股関節痛など体の痛みを防ぐために有効です。将来、寝たきりや介護状態にならず、大病にもかからず、ケガをしにくい体になることができるのです。

ですから基礎代謝を上げるための筋肉づくりは地道な努力ですが、将来必ず実を結ぶ結果を産み出すのであきらめずに続けていきましょう。

まとめ

ダイエットをするなら痩せやすく太りにくい体になることを目指しませんか?そのためには、基礎代謝を上げることが必要です。基礎代謝を上げるためには、筋肉をつけること。筋肉をつけるためには、筋トレをすることとたんぱく質と酵素をたっぷりと摂れる植物性食品中心の食事をすることです。そうすれば二度と太らないスリムな年齢を重ねても元気で活躍できる体を作ることができますよ。

トップ画像出典:Designed by Freepik
https://www.freepik.com/free-photo/fitness-female-in-black-pants-and-pink-sport-bra-holding-red-dumbbell_1233499.htm

コメントを残す