リンパマッサージ効果を利用して痩せやすくする方法

リンパの流れを良くすることで同時に血液の循環も良くし、たまった老廃物を体外に出しやすくするリンパマッサージですが、たまった脂肪も流れ出て痩せることができるのでしょうか?

そうです!リンパマッサージをうまく利用することができれば、痩せることにも効果的ですし、痩せやすい体になることもできるのです。

そこで今回は、痩せるためにリンパマッサージを効果的に利用する方法についてご説明します。

リンパマッサージだけでは痩せられない

始めにお断りしておきますが、リンパマッサージだけで痩せることはできません。

確かにリンパマッサージをすると、むくみが取れるので、細くなる、痩せるということはあります。

何故なら血液やリンパ液が流れにくくなって滞ると、細胞が余分な水分を含んでしまうので、体がむくむのですが、リンパマッサージによって血液とリンパ液の流れが良くなるので、むくみが取れるからです。

でもむくみが取れたときに脂肪やセルライトまでが一緒に流れたわけではないのです。

いったんついてしまった脂肪やセルライトはほぐしてからでないと取れませんので、先にリンパマッサージで、脂肪やセルライトをほぐす必要があるのです。

すなわち、リンパマッサージで皮膚の表面を温めて血液循環を促すことによって、固くなったセルライトの脂肪が分解しやすくなるので、ほぐれるという訳です。

そして食事の改善と適度な運動を併せて行うことで、代謝が上がって、脂肪が燃えやすくなり、脂肪やセルライトが落ちますから、痩せることができるのです。

また、脂肪は全体的に落ちていくものですから、脚痩せ、顔痩せ、二の腕痩せなどの「部分痩せ」はできません

ですから太りやすいものばかり食べていたり、食べ過ぎていたり、運動不足をそのままにしているであれば、いくらリンパマッサージだけ頑張ってやっていても本当に痩せることはできません。サイズダウンは一時的なもので、リンパマッサージを止めればすぐに戻ります。

ただし、リンパマッサージだけでは痩せられませんけれども、体全体のリンパの流れを良くすると痩せやすくなりますから、リンパマッサージは体を痩せやすくするために利用して行きましょう。

リンパを流して痩せやすくする

Designed by nensuria / Freepik

では何故、リンパの流れが良くなると痩せやすくなるのでしょうか?

まずは「リンパ」とは何で、どんな役割があるのかをご説明します。

体にはリンパの良い流れが必要

私たちが「リンパ」と呼んでいるものは、体中を巡っている「リンパ管」と、その中を流れる「リンパ液」、そしてリンパ管の中継点である「リンパ節」を合わせたものです。

心臓から出て行った血液は血管を通って、栄養や酸素を体中に運びますが、リンパ液は体内で不要になった老廃物や疲労物質をリンパ管を通って運んで行き、体外に排出する役割を担っています。

ですから、何らかの原因でリンパが体内にとどこおってしまうと、体を疲れさせたり、老廃物を蓄積させて余分な水分を取り込んでむくんだり、老廃物を脂肪として蓄積させてしまうという実に好ましくないことが起こるのです。

血液の流れと同様、リンパも常に流れを良くしておかなくては太りやすくなるというだけではなく、健康にも影響が出るということです。

リンパマッサージで良い流れをつくる

リンパ液は体内で不要になった老廃物や疲労物質を回収して、リンパ節まで運搬し、リンパ節で老廃物などをろ過して体外に排出することによって、私たちの体から常に不要なものや悪いものを捨て去ってくれます。

こうして体内から悪いものが出ていくことによって私たちの体はキレイにされ、細胞の新陳代謝も活発に行われます。

ですが、リンパの流れがとどこおると、悪いものが体内に残されるという事ですので、体にいろいろと悪影響を与えてしまいます。

リンパの流れが滞ることは血流も悪くなるという事ですので、体が冷えてしまいます。

体が冷えると、免疫力も低下します。

先にも書いたように、リンパや血流の悪さにより体が余分な水分を含んで膨らむのでむくみます。

疲労物質も溜まりますから、疲れやすくなります。

リンパマッサージは、リンパのとどこおりやすい場所をマッサージで刺激して、リンパを流してとどこおりを解消し、リンパの流れを良くするものです。

リンパの流れが良くなれば、血流も良くなるので体が温まり、冷えが解消され、免疫力も上がります。

血流が良くなることで、代謝も良くなりますので、脂肪を燃やしやすくなります。

疲労物質もたまりにくくなることで、体を動かしても疲れにくくなりますから、ダイエットのための運動にも打ち込みやすくなります。

むくみが解消されるので痩せることが出来ます。

要するに血液やリンパ液の流れの良い体は痩せやすい体だということなので、溜めない体と循環のいい体を保っていけるようにしましょう。

リンパマッサージの方法

Designed by benzoix / Freepik

リンパは血管のように体中に張り巡らされていますが、リンパマッサージは全身をマッサージするのではなく、リンパが多く集まる「リンパ節」を集中してマッサージするのが効果的です。

さらに痩せやすい体をつくるために、リンパ節の中でも重要な5つの箇所をおさえて効率的にリンパと血液の流れを良くしていきましょう。

ここだけは押さえたいリンパ節とマッサージ効果

痩せやすい体をつくるために押さえるべきリンパ節は5つありますので、ここを必ずマッサージをするようにしましょう。

1.首の付け根とあご・・・頸部リンパ節(けいぶりんぱせつ)
 
偏頭痛・二重あご・顔のたるみの改善

2.鎖骨(デコルテライン)・・・鎖骨リンパ節(さこつりんぱせつ)
 
肌荒れ・倦怠感の改善

3.わきの下・・・腋窩リンパ節(えきかりんぱせつ)
 
二の腕のたるみ・背中の老廃物排除

4.脚の付け根・・・鼠径リンパ節(そけいりんぱせつ)
 
内臓の冷え・生理痛・便秘の改善

5.ひざの裏・・・膝窩リンパ節(しっかりんぱせつ)
 
脚のむくみ・冷えの改善、静脈瘤の防止

リンパマッサージ前の準備マッサージ

これから2つのリンパマッサージの動画を紹介しますが、この2つの前に以下の3つのマッサージを行ってください。そうすれば、より効果的です。

(1)肩を回す

両肩に手を軽く乗せて、腕を後ろ方向へ10回まわし、前方向へも10回まわします。
ひじをできるだけ上に上がるように回すと、肩甲骨がほぐれ、痩せるのに効果的な褐色脂肪細胞を刺激することができます
肩回しによって、胸が開き、血液とリンパの流れが良くなりますし、肩こりの解消にも効果的です。

(2)デコルテラインをさする

鎖骨の上と下にそって軽くさすって鎖骨リンパ節の流れを良くしていきます。強くもむ感じではなく、「さする」ようにしてください。
両手を鎖骨の中心から外側(わきの下の方)に向かって手をくるくる回す感じでさすっていきます。
これも最低10回くらいで、回数は気持ちよくなるまでやっても結構です。リンパが詰まっている人は多少の痛みを感じることがありますが、強さを調整してください。

(3)わきの下をもむ

右わきを左手で軽くもみ、わきの下のリンパ、腋窩リンパ節の流れを良くします。
最低10回やり、反対側も行います。

最後にもう一度肩回しを、前と後ろへ10回ずつ行います。

注意点
マッサージの強さと回数は自分で調整して結構ですが、痛すぎるほど強くしないように、「痛気持ちいい」程度までにして、あくまでも血液とリンパの流れを良くするつもりで行ってください。

お腹痩せマッサージ

このマッサージでは、お腹痩せに効果的な腹部リンパ節と、鼠経リンパ節に集中してリンパの流れを良くしていきます。

出典:「超カンタンお腹ヤセ!1日1回のお腹マッサージ」

脚痩せリンパマッサージ

出典:「オイルを使った脚のリンパマッサージ」美コア

まとめ

リンパマッサージだけでは痩せることはできませんが、リンパや血液の流れを良くすることで痩せやすい体をつくることができます。またリンパや血流の流れをいつも良くしておくことで肩こりや頭痛の改善、そして免疫力がつき病気になりにくい体にもなりますので、毎日リンパマッサージをしていきましょう。

コメントを残す