[ダイエットしないで痩せる方法]マインドセットを変える

これまでやってみたいろいろなダイエットを振り返ってみて、気がついたことがあります。それは、ダイエットを頑張れば頑張るほど私の中で強くなって行ったこのような思いでした。

「ダイエットが終わりさえすれば、好きなものが好きなだけ食べられる。それまではとにかく我慢だ。」
 
果たして、ダイエットが終わった後はというと、痩せることが出来た達成感と、もう我慢しなくてもいいという嬉しさのあまり、好きなものを好きなだけ食べてしまいました。 さらに、ダイエットの成功体験ゆえに、ちょっとくらい食べたってまたすぐに痩せられという驕りもありましたから、ちょっとずつタブーな食事を解禁していき、いつの間にか食べるもがダイエット前と同じになってしまいました。
そして、またたく間に体重はもとに戻ってしまったのです。
 
他にもいろいろなダイエットに挑戦してみましたが、やはり一時的に痩せることが出来ても、すぐに元の体重に戻ってしまいました。
 
私は何を間違えていたのでしょうか?
 
せっかく減らした体重をキープすることができなかったのは、ためしたダイエット方法が自分に合ってなかったからでしょうか? それとも自分の意志の弱さゆえにもとに戻ってしまったのでしょうか?
 
その理由は、ダイエット方法が何かとか、意志の強さや弱さとは関係がなかったのです。
 
私はダイエットをする前に、「考え方」を変えるべきだったのです!
 
というのは、それまで私のダイエットに対する考えは、「我慢しなければ瘦せられない、辛くなければ成功しない、好きなものでも太るのなら食べないで我慢する、嫌いなものでも痩せるなら我慢して食べる」ということでした。ですから、私は「ダイエットが終わりさえすれば、もう我慢しなくていい」という考え方になってしまったのです。
 
それでは、どういう考え方をすればいいのでしょうか?
 
この記事では、考え方を変えることによってすんなりとダイエットに成功して、今も体重をキープしている私の経験もシェアーしながら、ダイエット成功のマインドセットについて書いていきます。
 

ダイエットをやめましょう

あなたはどちらを選びますか?
 
頑張って痩せてもやがて元に戻ってしまうダイエットをこれからもずっと繰り返していくことでしょうか?
 
それとも、ダイエットを続けなくても健康でスリムな体をキープしていける一生ものの体を手に入れることでしょうか?
 
もちろん、後者ですよね。
 
でも、そんなことできるわけがない、そんなダイエット方法なんてあり得ないとも思っていませんか?
 
そこが問題なのです。まず、その考え方を変えるべきなのです。
 
もっと過激に言うと、ダイエットに対する考え方を180度変えて、ダイエットをやめてしまいましょう。
 
これは逆説的ですが、本質的な理由があるのです。

ダイエットをやめる理由

 ダイエットとは食事制限という意味で、特定の食べものの食べる量を制限したり、禁止したりします。
 
でもそれはあなたの好きなものを制限することにもなり、我慢を強いられます。他のものを食べても満たされず、物足りなさを感じます太ってはいけないとほんの少し食べるので、みじめな気持ちになります
そうなると、好きなものへの思いが余計につのって、ますます食べたくなります。必要以上に食欲が湧いてきます。
ダイエット中の頭の中は常に「お腹が空いた」、「好きなものが食べたい」という思いと「でも我慢しなければならない」という考えが闘っています。
パーティーや外食に行っても、ちっとも楽しめません。何故なら目の前に並んだ食べ物はとてもおいしそうなのに、ダイエットのためにならないものばかりだからです。
いくら食べても太らない人を見ると、うらやましいどころかウラメシク感じてしまいます
そして、こんなにも我慢しているのに、つい誘惑に負けて太るものを食べてしまった時は、敗北感や罪悪感でいっぱいになります。
ダイエットやめたいと思っても、痩せられるまではやめられないのです。やめたら、それは敗北だからです。
このように、ダイエットはこんなにもたくさんのネガティブな思いを抱えながら毎日食事をするということなのです。それがどれほどのストレスとなっているかにあなたは気がついていますか?
そのようなダイエットをしていると、いつしかこういう思いにとらわれるようになってくることでしょう。
 
「痩せたら、今まで我慢していたものを食べられる。」
ちょっと変じゃありませんか?痩せるためにダイエットを始めたのに、いつの間にかお腹いっぱい食べることが目的になっているのですから。
そしてもっと悲劇なのは、せっかく痩せることができても、それでダイエットが終わる訳ではないことです。今度は、痩せた体重をキープするために、ダイエットを続けていかなくてはなりません。
つまり、ダイエットは終わることがないのです。
どうでしょうか?ちょっと考えてみてください。あなたはこんな大変な思いをずっと続けていきたいですか?
ですから、最初からダイエットをしなければいいのです。
でもダイエットしないでどうして痩せられるのでしょうか?
ダイエットせずに痩せるには、間違った食習慣を正しい食習慣に変えればいいのです。

そしてあなたが目標とするのは、ダイエットを続けなくても健康でスリムな体をキープしていける一生ものの体を手に入れることなのです。

では、正しい食習慣とは何でしょう? それは、「正しい食べ物を正しい食べ方で食べる」ことです。

間違った食習慣を変えよう

いきなりですが、本質的な質問をさせていただきます。
あなたは、何のために食べるのでしょうか?
もちろん、生きるためです。
では、あなたが普段食べているものは、生きるために必要なものですか?
体にとって必要な食べものとは、命が与えられた体を形成し、維持し、力を与え、外敵から守ってくれるもので、体を傷つけず、汚さないものです。
でも、私たちはどちらかと言えば、自分が好きなもの、おいしいと思うものを食べているのではないでしょうか。
まず、その考え方を変えてみましょう。
食べ物を選ぶときに、自分が好きであることや、おいしいと思うことを基準にするのではなく、私たちの体に必要な良い食べ物を選ぶという考え方に変えましょう。 良い食べ物とは、自然の恵みが与えてくれた果実や野菜とその種や木の実のことです。それを手を加えずにそのままいただくことで栄養が体に与えられ、私たちの生命は活性化されるのです。
果実や野菜は、体が要求するすべての栄養素である酵素、ビタミン、ミネラル、食物繊維、タンパク質、アミノ酸、炭水化物、脂肪酸、抗酸化物質、ファイトケミカルなど、そして水分をたくさん含んでいるのです。
果実や野菜は私たちの貴い体を傷つけませんし、汚しません。むしろ、体内のいらないもの(老廃物)や毒物、そして体内脂肪を取り去ってくれるのです。
ですから、これからは食事を野菜や果物が中心になるように変えてください。
どうでしょうか?これは人によっては、結構過激な変化かもしれませんね。
でも、そうしないと一生ダイエットを終わらせることはできないのです。

正しいものの正しい食べ方については、こちらの記事もチェックしてみてください。 ダイエットの食べ方革命で痩せる!

考え方を変える方法

実は、人は「変化」を嫌います。

現状が良いものではないと分かっていても、変えない方が楽ですし、変えて未知の新しいものに出会うことが怖いと思ってしまうのです。

だから、ダイエットをして体を変化させても、元の体に戻そうとする潜在意識が働いて「リバウンド」してしまうのです。

でも、私たちは変えることができます。

今までの食事は、自分がいいと思って選んできたものではないかもしれないからです。

私たちは毎日数々の選択をしていますが、その99%は、潜在意識が無意識のうちに選択したものです。

だから、自分が好きな食べもの、食べたいものは、無意識のうちに選んできたものなのです。

ですから、あなたの好きな食べ物のなかには、子供のころ母親が心をこめて作ってくれた料理が含まれていないでしょうか?

大切な思い出や感動にまつわる食べ物もあれば、大人になってから受け取った情報によってその食べ物がいいと思ったかもしれません。

でも今、それらの食べ物をひとつひとつよく吟味していただきたいのです。

それは、あなたの体に良いものでしょうか?

そして、これからは、あなたの意志で、意識的に「体に良いもの」を選んでいただきたいのです。

「体に良いものを食べる」という決心をすれば、意識的に「心」を変えることができるからです。

そして、心が変われば、食べ物の選択が変わり、食習慣が変わるのです。

まとめ「健康でスリムな体をキープしていける一生ものの体を手に入れよう」

あなたが痩せて健康になることができたら、何を実現させたいのでしょうか? 痩せることで実現できる「願望」「夢」などの中には「嬉しさ」「希望」「楽しさ」「ワクワク感」などがありますか?
あなたはこれから「人生を楽しむために正しく食べる」ことを選択することができます。
だから、ストレスを溜めるだけのダイエットはもうしなくていいのです。

何でもポジティブに考えましょう。

なになにがないからできないという言い訳はやめましょう。今与えられているもので、できる限りのことをやってみよう

とにかくやってみましょう。

すぐに変えることはできません。一生ものの体を作るために地道にやりましょう。

焦らないようにしましょう。

ワクワクする夢を持ちましょう。

あなたが食べるものがあなたを形作るのですから。

トップ画像出典:Designed by Yanalya / Freepik

コメントを残す