やる気なしでもできるダイエット[レコーディングダイエット]

ダイエットしなければと思っていても、なかなかやる気になれないという方はこんな思いがあるのでは?
 
ダイエットは、つらそう
食べたいもの我慢するなんて無理
カロリー計算とかめんどくさそう
太るものばかり好き
運動が嫌い
なかなか続かない
などなど
 
そうです。誰でも大変な苦労は避けたいと思うものです。
 
でも、あんまり頑張らなくてもいいダイエット方法があったらどうでしょうか?
 
ここでは、ダイエットが必要だと感じていてもなかなかやる気になれないという方や、ダイエットをしても続けられない方のために、ゆるっとできるダイエットの方法をご紹介します。

ダイエットしない理由

ダイエットの必要性を感じていても、ダイエットをやろうとしないのは何故なのでしょうか?
それは「つらそう」「がまんは嫌だ」という思いよりも、もっと強くて、根本的な思いがあるからなのです。
1.人は自分を変えようとしない
何故変えようとしないのでしょうか?
ひとつには、この状態を変えたら何が起こるか分からないのが不安なので変えたくないのです。
二つ目は、不都合とは言えども慣れてしまった今の状態を変えたくないからなのです。
だから、痩せてかっこよくなりたいと思ってはいても、自分を変えることが怖いですし、かっこ悪くても慣れ親しんだ自分の体を変えたくないのです。
2.人は痛みよりも快楽を求める
人間は本来快楽を求める生き物なのです。だから、つらいと分かっているダイエットはしたくないのです。
このように、意志よりもはるかに強い思いが私たちの心の根底にあるので、意志の力でダイエットをすることは相当大変なことなのです。
つまり、心の中で「ダイエットしたい。痩せてかっこよくなりたい。」という思いと「つらくて苦しいダイエットなんかしたくない。このままでいい。」という相反する思いが引っ張り合いをしているのです。
強い意志を持って、目標に向かってひたすらダイエットを成功させた方々を尊敬します。ほんとに凄いことだと思います。
でも、そこまで意志を強く持っている方はあまりいないのではないでしょうか。
たいていの人は意志が強くありません。ですから、意志が弱いからダイエットできないだろうとか、ダイエットに挫折したのは自分の意志の力が弱かったからだと自己嫌悪に陥らなくてもいいのです。

頑張らなくてもいいダイエット

このように、意志の力ではダイエットできないし、続かないと分かりました。それなら、どうすればいいのでしょうか?
そこでご提案したいことは、ダイエットがツライとか、我慢しなければと思わないようにすることです。
たとえば、朝起きたら顔を洗って、歯を磨くなどのように毎日意識しなくてもやっている行動がありますよね。
ダイエットもそのような生活の習慣にしてしまえば、心理的な負担を感じることなく行うことができるのです。
顔を洗わなかったら、歯を磨かなかったら、他にも毎日やっていることをやらなかった日は、なんだか気持ち悪いですよね。変な感じがしますよね。
もし、何らかの理由で毎日やっている習慣を数日間できなかったあとに、再びできるようになった時、安心したり嬉しかったりしますよね。
ダイエットもやらなかったら気持ち悪いとか変な感じがするようなことにしてしまえばいいのです。
そして、ダイエットをすることが嬉しかったり、楽しかったり思えるようになれば続けて行けるのです。

まず、できることでダイエット

歯磨きのように無意識でやっている習慣にするとか、ダイエットを楽しむとか、そんなこと簡単にできるのかと思いますでしょう?
だから、簡単にできることからダイエットを始めてみるのです。
つまり、いきなり「ご飯は食べない」「甘いものを一切断つ」「1食抜く」など自分にとってあきらかに無理と思うことから始めないことです。
むしろ何もダイエットらしきことを始めなくてもいいのです。
これまでと同じ生活でいいのです。好きなものを我慢しないでいいです。食べる量も変えなくて結構です。
ただ一つだけやることがあります。
それは、毎日決まったときに体重を計るということだけです。
たとえば、朝起きてトイレに行ったあとに体重計にのります。このとき、パジャマのままとか、下着だけとか同じ状態で計ってください。そして体重と体脂肪を記録します。また、その日1日食べたものを記録します。
このように毎日同じ時に、同じ状態で計った体重と体脂肪と、その日に食べたものを記録していくのです。
これは、「レコーディングダイエット」と呼ばれています。

21日間続ければダイエットが習慣になる

今までの生活を変えることなく、ただ、毎日決まった時間に体重を計るだけならやれそうですよね。
人は同じ行為を21日間続けることができれば、習慣にすることができるのだそうです。
でも食事制限もしないで、今までどおりの生活をしていて、何故それがダイエットになるのでしょうか?
レコーディング・ダイエットとは、岡田斗司夫が著書『いつまでもデブと思うなよ』(新潮社、2007年。ISBN 978-4106102271)で紹介したダイエット法である。2006年4月頃より、岡田斗司夫が実践・開発したダイエット法の一つで、日々摂取する食物とそのエネルギー量を記録することで、自分が摂取しているエネルギー量、食事の内容、間食などを自覚し、食生活の改善につなげるというものである。出典: ウィキペディア
 
ダイエットの必要性を感じていながら、ダイエットを始められない、また、始められても続けられないという方は自分の現状に直面していないからダイエットできないのではないでしょうか?
自分がどの程度太っているのか、自分はなぜ太っているのかをなんとなく分かっていても、具体的に示されることが嫌なのです。
現状を知らなければ、解決策を考えなくてもいいですし、行動にも移さなくてもいいということを分かっているから、体重を計らないのです。
ですから、まず、自分の現状を知って、ダイエットを自分の問題としてとらえることです。
そのために毎日体重を計り、食べた物を記録することから始めてください。
そして21日後のあなたは、毎日同じことをして記録を取り続けることができたので、自分の現状に直面することができる力が備えられているはずなのです。

続けられなかったとしても大丈夫

もし、21日間続ける前に挫折したらどうしようと不安な方もいると思います。
でも、大丈夫です。
あきらめないで、記録を再開してください。
新しいことを始めるのは誰でも不安になります。
「続ける」ということに失敗した経験のある方は、始める前にあきらめるかもしれません。
誰も、がっかりすることはやりたくないのです。
でも、大丈夫です。まず、2日間続けられたら自分をほめてください。
そして、3日間以降は毎日自分をほめてください。
たとえば、4日目、5日目とできなかったとしても、大丈夫です。そのまま続けてください。
一つ、二つできなかったからといって、すべてをあきらめる必要はありません。
記録することがつまらないのなら、写真を撮る、イラストを描くとか、感想を書き込むなど楽しめる工夫をしてみましょう。
食事の記録はざっくりでいいです。
ダイエットのアプリを利用してみるのもいいと思います。
記録している内容にガッカリして、続ける気力を失うかもしれません。
今はただ、記録をしているだけです。現状を知るだけです。いいも悪いもないのです。
ですから、途中で中断しても、あきらめずに続けていけば、21日間に到達できます。

本格的なダイエットはこれから

さあ、21日間続けることができましたね。
今のあなたには「続けることができる」という自信がついているはずです。
それでは、21日間の記録をじっくりと見てみましょう。
どんな気持ちになりますか?
どのようなことが気になりますか?
大事なのは、自分で気づくことです。
自分で気づけば、自ら行動することができます。
もうあなたはダイエットを始める決心をすることができるでしょう。
もしかしたら、意欲満々になっているかもしれませんね。

目標を設定し夢を見ましょう

目標を設定することは苦手かもしれませんが、設定するかしないかでは成功率が大きく違います。
あなたは、「レコーディングダイエット」が出来たのですから、目標を設定することもできます。
ただ、ここでも無理な目標を設定しないように、自分らしい目標を立てましょう。
そして、この目標を達成したら、何をしたいのかも考えましょう。
これは「夢」と言ってもいいでしょう。次の2項目を決めて、紙に書いて見えるところに貼っておきましょう。
1. いつまでに、どうなるのかという具体的な目標
マイナス何kgをいつまで達成したい、いつまでに服のサイズを1段階下げたいかなど具体的な目標をきめましょう。
2. 目標を達成できたらしたいこと「願望」「夢」
痩せたら何をしたいですか?自分が、わくわくすること、嬉しくなること、楽しくなることを目標にしましょう。「夢」と言える領域のことでもいいです。そしてその目標を文字に書くだけではなく、写真やイラストなどを使って目に見えるようにビジュアライズ(視覚化)しましょう。
NGな目標
「瘦せたら、○○を食べる。やせるまでは、とにかくがまん」という目標にしてしまうと、痩せることができたとたんに、がまんできなくなるので、バク食い、リバウンドしてしまいます。これは、ダイエットを途中で挫折するよりもダメージが大きいです。何故なら、こんなツライダイエットは二度とやりたくないと思ってしまうからです。

ダイエットを楽しくする工夫

ダイエットは、歯磨きのように無意識に行う日常の習慣にしてしまうことで続けられます。
でも、ダイエットを楽しくすることができれば、もっと効果的です。
お料理が得意な方は、いろいろなダイエット・レシピを考案してお料理サイトに掲載するのもいいですね。
運動をするときにやる気になれる、自分の好きなノリノリの音楽を選ぶということも楽しいですね。
体重が減っていくこと自体を楽しむのもいいでしょう。
いったん立てた目標も、楽しくやれないなと思ったら変えてもいいのです。
要するに、自分がストレスなく実行していける目標のもとに、楽しんでダイエットする日常を作りましょう。

自分らしいダイエット

「レコーディング・ダイエット」で自分の現状と問題点を見つけることができました。
この貴重なデータをもとに、いよいよ本格的なダイエットを始めるのですが、ぜひ、自分らしいやり方で行いましょう。

この段階でも、気負わず、無理しないことです。

そこでお勧めしたいのは、太りにくい食事を選んで食べていくという我慢や面倒のないダイエット法です。

[ラクして瘦せるダイエット]太りにくい食事の例

失敗してもOK

いろいろな事情があっても、無くても、ダイエットできなかったということもあるでしょう。
それは失敗かもしれませんが、大丈夫です。この失敗はいつか役立つものになります。
今の自分は、ダイエットことよりも、他のことに興味があるということかもしれません。でも、そこに気づいただけでも収穫です。

目的や夢がイマイチだったのかもしれません。だったら、自分がワクワクできるような夢を見つけることに今は集中してみましょう。

いつかその気になったら、またダイエットを始めればいいだけなのです。

まとめ

いかがでしたか?ダイエットはその気になったらいつでも始められます。そして、ゆるっと始めれば、できます。少しでもできれば、自信がつきます。ダイエットを最終ゴールにせず、痩せたら何をしたいかを目的にして少しずつでいいから前に進んで行きましょう。

コメントを残す