夏バテでちゃっかりダイエット

暑さで食欲が減る夏、「これはダイエットのチャンス!」と思っていませんか?これを機に「楽に痩せられるかも」と思いますよね。でも、ご注意ください。厳しい気候の中では、賢くダイエットしないと体調を崩しますし、かえって夏太りする羽目になってしまいます。ここでは、ヤセ体質に向けて夏をきっかけに始めるダイエットをご紹介していきます。

夏バテはダイエットに有利?

夏の暑さで食欲が減るから体重が減る・・・必ずしもそうでしょうか?確かに、過酷な蒸し暑さによる不快感で食欲がなくなるとか、水分の摂りすぎでお腹がいっぱいで食べられなくなるため、体重の減少はあるようです。しかし一方、冷たい飲み物や麺類、アイスクリームなどの冷菓で食事をすましてしまうために、水分と糖分の摂り過ぎになってしまうので、夏太りする場合もあります。また、このような食事を続けているとタンパク質、ビタミン、ミネラルなどの栄養分が不足して栄養失調にもなってしまいます。体は栄養不足の状態では疲れやすく、だらだらとしてしまいます。そして暑さを避けるために外出しない、運動しない、家事もなるべくしないで済ますなど、ますます体を動かさなくなってしまうことも夏太りに拍車をかけます。

では、この過酷な暑さによる食欲不振をダイエットに利用するにはどうしたらいいのでしょうか。

夏バテも防止しながらのダイエット

食欲がないのだから、夏は量より質の食事をしましょう。さっぱりとして冷たい麺類には糖質がたくさん含まれていますが、ビタミンB1が不足しています。麺類の中の糖質を代謝するにもビタミンB1が必要となるため、麺類を食べるとますますビタミンB1不足になります。ビタミンB1が不足すると、摂取された糖質をエネルギーに変えることができなくなり、エネルギー不足となり、体は疲れやすくなります。

つまり、夏ならではの糖質の多い飲み物や食べ物を摂りすぎると、エネルギー不足になって、夏バテしてしまいます。そうはいっても、冷たい麺類を全く食べないのは辛いという方は、不足しているビタミンB1を含む食品を積極的に摂ったらいいと思います。豚肉、うなぎがおススメです。この食材と野菜を組み合わせたバランスのいいメニューでお食事しましょう。

  • ビタミンB1はにんにくや玉ねぎ、ニラなどの臭みに含まれた成分「アリシン」と一緒に食べることでビタミンB1が血液中に長くとどまり、効率よく働きます。豚ニラ炒めのほか、豚しゃぶや豚肉の生姜焼きに野菜サラダを付け合わせて食べましょう。
  • 冷やし中華を食べるなら、野菜、ゆで卵、ハムなどのトッピングで大盛りにしましょう。
  • うな重のサイドメニューは野菜サラダや温野菜、野菜の煮物などをプラスするなどバランスよく食べてください。
  • 玄米にはビタミンB1、ビタミンE、カリウム、タンパク質、食物繊維などいろいろな栄養素が含まれているので、白米より玄米ご飯を食べましょう。
  • 食欲がない場合は、少ない量でも栄養バランスのとれた食事をよく噛んで食べましょう。満腹感も得られますし、唾液による若返りホルモンの分泌、脳の活性化、虫歯や歯周病の予防、免疫力のアップなどのメリットがあります。

このように栄養バランスのいい食事をとることで、ダイエットになるばかりか、夏バテの防止にもなります。

水分を意識的に取りましょう。

水分ばかりとっていて、食べないということはおススメできませんが、熱中症予防の為に、屋内にいても、外出中でも水分補給をこまめにしましょう。のどが乾いたら飲むというのでは、手遅れと思っておいた方がいいです。何故なら、体の水分が減っていってもすぐに「のどが渇いた」と感じれるとは限らないからです。特にご高齢の方はのどの渇きに鈍感になってしまうので、周りの方が注意して水分補給を促してあげてください。

冷たい水でなく常温水または白湯

冷たい飲み物はその時は気持ちいいのですが、体を冷やしてしまう可能性があります。体が冷えると、代謝の働きが鈍ります。体脂肪を燃やしてくれる代謝の働きが悪くなってしまいます。だから、ダイエットにも良くないですし、体が冷えると免疫力も下がりますから、風邪を引きやすくなってしまいます。また、糖分入りの飲み物も極力避けましょう。常温のお水か、白湯をおススメします。

体を温めることも夏太り防止

外の気温が暑くても、お腹回りやお尻が意外に冷えている方は、お腹やお尻に脂肪がつきやすくなります。何故なら体温を保とうとする基礎代謝が働いてお腹やお尻に脂肪をつけてしまうからです。腰に浮き輪をつけたような肉の付き方をしている方は腰回りの冷えが原因です。薄着し過ぎない、冷房で冷えすぎないように上着を羽織る、就寝時は腹巻をつけるなどの工夫をして余分な脂肪をつけないようにしましょう。また、体が冷えると内臓の働きも鈍りますので、免疫力が落ちて風邪をひきやすくなります。ですから暑い夏でも体は冷やし過ぎないよう注意しましょう。

夏バテが太りやすい体質をつくる

lioness-1560228_640

現代人のライフスタイルでは運動不足になりがちです。夏は特に熱中症にも注意しなければならないですし、汗をかきたくないし、ただ外出することにも億劫になりがちです。冷房の効いた室内で、砂糖がたっぷり入った飲料を飲み、糖質の多い冷麺類を食べて、夏バテにかまけてだらだらと過ごしていたら夏太りします。その結果、体が冷える、糖質の摂りすぎ、運動不足という3アイテムによってこの夏の間にすっかり太りやすい体質になってしまいます。

夏の痩せるエキササイス

ズバリ、水泳です!夏ならではのスポーツそして全身運動です。泳げない方はプールでウォーキングするだけでもかなりのカロリーを消費できますし、足にも負担がかからないアクアビクスもいいですね。でも、プールに行く時間がないという場合は、朝晩の比較的涼しい時間にウォーキング、ジョギング、マラソンなどもいいですね。最近都会では早朝から気温が上昇したり、熱帯夜で外での運動がしにくい状況です。だからやはり室内でできる適度な運動をおススメします。夕食後から寝る前までの時間帯で行う軽い運動は夕食の血糖値を下げてくれますのでなおいいことです。自分がやりやすく、続けやすいエキササイスを選んでください。特に何を選んだらいいか分からない場合は、たとえばラジオ体操はいかがですか?このように決められたパターンの運動を行うことで無理なく運動を習慣にすることができます。さらに、ヤセ体質をつくるためには、腹式呼吸を意識しながら毎日続けてください。

動画出典:NHKラジオ体操第1、第2 https://www.youtube.com/watch?v=T5VWQgp0XTA

あえて入浴

夏はシャワーだけという方は多いと思いますが、痩せるためにはあえて入浴しましょう。夏でも意外に体は冷えています。お腹回りに浮き輪のような肉がついているかたは、お腹まわりが冷えていると思ってください。体を冷やすとかえって脂肪が増えてしまいます。夕食後と寝る2時間くらい前のタイミングで、38度から40度くらいのお湯に20分ほどつかりましょう。基礎代謝が上がるので脂肪が燃焼されやすくなります。また血行をよくするために、湯船につかりながらお腹、脚の付け根、膝の裏などのリンパをマッサージしましょう。血行がよくなるばかりか、体が温まり、代謝もあがりますので、徐々に痩せやすい体質になっていきます。

熱帯夜でも熟睡するには

寝る2時間前の入浴で体を温めたあとに、冷房で体をさまして体温を下げましょう。体温を下げることで熟睡へと導かれやすくなります。冷房の温度は感じ方に個人差があるのですが、まず寝間着を着た状態で28度にしてみてください。それで暑すぎると感じるのなら徐々に26度までさげて様子をみましょう。湿度の調整ができるのでしたら、50~60%が快適です。冷房をつけて寝ることに抵抗を感じる場合は3時間後に切れるようタイマー設定をしておきましょう。眠りのゴールデンタイムと言われる午後10時から午前1時に合わせられるのが理想です。また、寝入りから3時間の間に脳を休めるノンレム睡眠が訪れるので3時間は快適温度の中で就寝するようにしてください。

まとめ

いかがでしたか?ここでは、暑い夏をチャンスにダイエット習慣を始め、ヤセ体質を目指す方法をご紹介しました。食欲が減る夏でも、必要な栄養素をとってよく寝ることで夏バテを防ぎ、夏を快適に楽しみましょう。

夏が過ぎても、続けてヤセ体質を目指していくために、ダイエットに効果的な食べ方について下記の記事でまとめましたので、こちらもご覧ください。

「ダイエットな食べ方習慣でヤセ体質を目指す」

https://finaldiet.jp/metabo-diet/daiet_tabekata_yasetaishitsu/

コメントを残す