きな粉ダイエットの女性に嬉しい4大効果

ヨーグルトにきな粉を入れて毎日食べたら、慢性的な便秘が改善された、痩せたということがマスコミで紹介されてから「きな粉ダイエット」が話題になっています。

でも、きな粉ダイエットのやり方を間違えると、かえって太ってしまったり、ホルモンのバランスや健康に影響を及ぼす場合もあります。

そこで今回は、きな粉ダイエットの正しいやり方とその効果についてご紹介します。

きな粉ダイエット3つのメリット

きな粉ダイエットとは、毎日きな粉を摂取するだけなので、食事制限も運動もなく、簡単にできることがメリットです。

そして、きな粉は大豆から作られているので、大豆に含まれる美容と健康にいい栄養成分を最大限に利用できるというメリットもあります。

きな粉餅、くずもち、わらびもち、おはぎなど、きな粉が使われている和菓子なら、高脂肪・高カロリーの洋菓子よりはダイエット向きです。

甘いものが我慢できなくなってダイエットに挫折するくらいなら、きな粉スィーツを食べて、ストレスを溜めずにダイエットしましょう。

きな粉ダイエットの4大効果

きな粉は大豆を炒って皮をむき、ひいて粉にしたものです。香ばしい香りをもつ黄色い粉なので「黄な粉」とも書きます。

大豆は良質な植物性タンパク質が豊富、そして低カロリー、低脂肪、低コレステロールのダイエット食品です。

きな粉にはじつにさまざまな栄養が含まれていますが、食物繊維、大豆イソフラボン、大豆サポニン、大豆ペプチドの4つによるダイエット効果と美容健康効がスゴイのです。

食物繊維が腸内を掃除して便秘を改善する

ダイエットに欠かせない栄養素は食物繊維ですが、「きな粉ヨーグルト」効果に見られるように、きな粉の食物繊維は便秘の改善のために効果的です。

便は食べたもののカスや、死んだ細胞や腸内細菌が老廃物となったもので、本来は毎日の便通によって老廃物は体外に出されるべきものなのです。

しかし便秘になって腸内に便がため込まれると、血液やリンパの流れを鈍らせますから基礎代謝も衰えて、脂肪を体にため込みやすい状態になってしまいます。

また、腸内にたまった老廃物が生み出した毒素が血液にしみ込んで体内をめぐってしまうので、体調を悪くします。

便によって排出されない毒素は体の毛穴から出ようとして汗をくさくし、口から出ようとして口臭がにおうようになり、肌には吹き出物をつくってしまうので便秘は何としても解消すべきなのです。

そこで、きな粉を摂取して腸内に食物繊維を送りこめば、食物繊維は胃で消化されずに腸まで届きますから、腸の中の老廃物をお掃除して食べかすとともに便となって排出されることを促してくれます。

慢性的な便秘が改善されれば、体内にため込まれていた老廃物が出されるので、それだけでも体重が減ります。

そして血液やリンパの流れが良くなったことで、体調も良くなり、細胞の新陳代謝が促されて吹き出物などの肌荒れが改善されていきます。

大豆イソフラボンがホルモンバランスを調整する

大豆イソフラボンは体内で女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをします。

エストロゲンは、女性に生理をもたらし、女性らしい体を形作ってくれるホルモンです。また骨からカルシウムが溶け出すのを抑えるという重要な働きがあります。

でもエストロゲンは、年齢とともに減少してしまいますから、特に閉経後の女性は骨粗しょう症のリスクが高まってしまいます。また、閉経前後の女性はホルモンバランスが崩れて更年期障害をおこします。

だからこそ、きな粉を食べることによってイソフラボンを体内に入れて、エストロゲンを補い、ホルモンのバランスをとることは女性にとって大事なことなのです。

さらにイソフラボンには、乳がんなど過剰なホルモンによる害を抑える働きがあるということが分かりました。

イソフラボンは天然成分ですから、エストロゲンよりも体に優しく穏やかに働いてくれるので安心安全です。きな粉ダイエットを利用してホルモンのバランスを調整し、ホルモンバランスの乱れによる体調不良や更年期障害を予防しましょう。

大豆サポニンが脂肪の蓄積をふせぐ

きな粉に含まれる大豆サポニンは、腸で吸収されたブドウ糖が脂肪酸と合わさるのを防いでくれるので、余分な脂肪の蓄積を抑制します。

動脈硬化や糖尿病を予防したり、脂肪の燃焼を促進したりするアディポネクチンの分泌を促してくれますから肥満予防になります。

また大豆サポニンは、コレステロールの排出を促す効果や血流を良くする効果もあるので、代謝が上がって痩せやすい体になります。

サポニンは溶血を促す作用があり、血栓を溶解する働きがありますので、動脈硬化の予防に役立ちます。

大豆ペプチドが基礎代謝を上げる

基礎代謝とはヒトがじっとしていても消費されるエネルギーのことで、基礎代謝が高い人は痩せやすい体質であると言われています。

基礎代謝を高くする方法の一つは、筋肉量を増やして消費カロリーを増やすことなのですが、大豆ペプチドは筋肉量を増やすので基礎代謝を上げるのに役立ちます。

大豆ペプチドとは、大豆たんぱく質が分解されて、いくつかのアミノ酸がつながっている状態になったものです。

ペプチドの状態になっていると、たんぱく質が体に吸収されやすくなるので、胃に負担をかけずに、効率よく吸収されていき筋肉を増強してくれるのです。

筋肉が増強されれば、基礎代謝が上がるので、摂取したカロリーがより多く消費され、痩せ効果をもたらすのです。

きな粉ダイエットのやり方を間違えると太る、健康に影響もある

きな粉と何か他の食品を組み合わせるきな粉ダイエットでは、食べ過ぎると太ったり、健康に影響が出たりと逆効果になることがあります。きな粉ダイエット効果を上げるために以下のことに注意してください。

和スィーツならダイエットできる?

きな粉でダイエットする目的は、きな粉に入っている栄養成分による基礎代謝の向上、脂肪の分解促進、そして便秘改善効果を利用するためです。

でも、きな粉をまぶした食べ物といえば、きな粉餅、くずもち、わらびもち、おはぎなどほとんどのものがスィーツです。では、きな粉をまぶした和スィーツできな粉ダイエットできるのでしょうか?

たとえば「きな粉餅に黒蜜」をかけた場合のカロリーと糖質を見てみましょう。

餅1個(50g)のカロリーは120㎉、糖質は30gです。

きな粉を大さじ1杯(6g)かけるとして、カロリーは26.4㎉、糖質は1.5gほどになります。(きな粉100gあたりのカロリーは437㎉、1gあたり4.4㎉とすると、きな粉大さじ1杯6gのカロリーは、26.4㎉)

黒蜜は大さじ1杯が24㎉、糖質は6.1gですから、「きな粉餅の黒蜜かけ」のトータル・カロリーは170㎉、糖質は37.6gとなります。

なお、「くずもちにきな粉」や「わらびもちにきな粉」はカロリーが低そうなイメージですが、くずもちにはでんぷん質が多く、わらびもちには糖質が多いのでダイエットには向きません。洋菓子と比べると脂質が少ないので、洋菓子よりはましという程度です。

ただし、甘いもの抜きのダイエットがストレスになるようなら、甘さ控えめかメイプルシロップを使用したきな粉スィーツを食べましょう。

イソフラボンの過剰摂取に注意

きな粉に含まれているイソフラボンの過剰摂取は、ホルモンバランスの崩壊や健康被害を引き起こす可能性があるとして、日本の食品安全委員会は、イソフラボンを毎日欠かさず摂る場合における、1日のイソフラボンの摂取限度量を75mgとしました。

昔から、みそ汁に豆腐、納豆や煮豆のおかずを食べてきた日本人ですので、今までの食生活においてはイソフラボンの過剰摂取の心配はありません。

ただここでイソフラボンの摂取量を1日75mgまでとされた背景には、近年日常的に食べている大豆製品に上乗せをして、イソフラボンを強化した食品やサプリを摂ったためにイソフラボンの過剰摂取なってしまった人たちの健康被害が報告されたからです。

しかしながら、きな粉ダイエットを行うにおいては、他の大豆製品の摂取量を気にかけて、1日のイソフラボンの摂取量が75mgを超えないよう注意する必要があります。

たとえばきな粉入りの豆乳を飲むとすると、きな粉大さじ1杯の中にイソフラボンは約9.5mg、豆乳200mlが含むイソフラボンは約41mgですので、合わせて約50.5mgになります。

納豆1パックに含まれるイソフラボンが約35.5mgですから、きな粉豆乳に加えて、納豆も食べると合わせて86mgとオーバーしてしまうので、納豆パックの小さい方を食べる(合計約74.5mg)というような調整をしてください。

イソフラボンの量めやす

きな粉大さじ1杯(6g)=約9.5mg
豆乳1パック(200ml)=約41mg
納豆1パック(45g)=約35.5mg、納豆1パック(30g)=約24mg
もめん豆腐1/2丁(150g)=約42mg、絹ごし豆腐1/2丁(150g)=約38mg
みそ汁1杯(20g)=約6mg
しょうゆ(1かけ5.85g)=約0.08mg
煮豆・昆布豆(30g)=約11mg、丹波黒豆(30g)=約11mg、大豆水煮(30g)=約13mg
(出典:フジッコHP「イソフラボンのチカラ」)

きな粉ダイエットの効果的なやり方

きな粉ダイエットの正しく、かつ効果的なやり方のポイントをまとめます。

(1)きな粉の使用量は大さじ1杯程度で多くても2杯までにする
*他の大豆製品を食べないのであれば、もっと増やしてもOK

(2)合わせる食材は低カロリー、低糖質のものを選ぶ
*ヨーグルトや牛乳を組み合わせるのが人気ですが、乳脂肪分を摂ってしまうことになるので豆乳の方が良い

(3)甘みは加えないのがいい
*どうしても甘味がないとダメという場合は、砂糖や黒蜜ではなく、メイプルシロップを使用する

したがって、最も効果的な「きな粉ダイエット」のレシピは、成分無調整豆乳(砂糖不使用)200mlに、きな粉大さじ1杯を加えた「豆乳きな粉ドリンク」です。

まとめ

いかがでしたか? きな粉ダイエットですぐに効果が見れるのは便秘の改善です。ある程度の体重がすとんと落ちますので、それを励みに本格的にダイエットを進めて行ってください。ただし、きな粉のスィーツは決してダイエット向きではありませんので食べ過ぎに注意してくださいね。

コメントを残す